映画の邦題が酷い傾向
 時々、海外映画の邦題が奇怪な場合がある。英語タイトルをそのままカタカナ表記にすれば済むわけではないことは分かるのだが、だからと言って無理矢理日本語にすれば良いわけでもない。

 たとえば原作のある作品で、それがすでに非常にヒットしている場合にそれと異なるタイトルを付けられると混乱する場合がある。「なんか知ってる話だなあ」と思っていると、原作をすでに読んでいることに気づくのだが、タイトルが違いすぎるので分からないのが悔しいということが起きる。

 また、そのままカタカナ表記系に見えて、実は冠詞類や語尾変化を放置しての邦題とかも、タイトルのニュアンスが変わって非常に困る。『ロード・オブ・ザ・リング』なんて、その意味での気持ち悪いタイトルの筆頭であろう。

 ところで今度『リンカーン/秘密の書」」なる邦題の映画が公開されるようだが、これもちょっと翻訳的な意味で気になるタイトルである。原作ありの作品で、そちらは『Abraham Lincoln : Vampire Hunter』という。何故、原題に忠実でないタイトルではなく「秘密の書」なのかは不明だが、吸血鬼映画であることが分かりにくいのはマイナスなのじゃなかろうか。

 それよりもこの映画、原作が『高慢と偏見とゾンビ』のセス・グレアム=スミスが原作で、映画脚本も彼の手によることを強調して欲しいところ。リンカーンの伝記をパロディ化し、伝奇小説にしたのである。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-19 01:26 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧