<   2012年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
野菜政党
 そのうち解散総選挙になるだろうとの見通しで新党結成やら、政党構成員の離散集合やら、人間の移動が激しい様子である。だが派手に人間が移動していても、「目立った者勝ち」の印象ばかりで大して面白く無いのが実情であるが。

 能力の無い人間であっても、選挙を経て議員となってしまえば、人間一人分の議席数となる。その様子を「カボチャだろうが、ミニトマトだろうが、野菜にゃ違いないから鍋にぶち込んじまえ」と喩えてみたくなった。

 政党を立ち上げて党員を掻き集めるのは下ろしたての鍋のようなものだろう。今後、カレーかシチューかはまだ未定、しかし目指してみてもうまくいくのか焦げ付くのか分からないというところだ。そして古い政党は毎日煮詰めて味の固定したオデンなのかと思う。

 最近やたらと人間を集めようとしている新党があるのだが、あれなどは中身を気にすることなく党員を増やしているので、ゴボウだろうとピーマンだろうと気にしていない印象である。予定としては肉ジャガを目指しているのだが、何故かナスの入ったポテトサラダが出来ていそうな勢いである。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-31 00:11 | 時事
二種類の『3分クッキング』
『キユーピー3分クッキング』で厚焼き玉子が焦げたという話題をネット上で見たのだが、しかしどうもそれは日本テレビ版でのことで、CBC(中部日本放送)版の放送されている愛知県では関係のない話である。

 意外と知られていないことなのだが『キユーピー3分クッキング』には、上記の二種類のバージョンがあり、地域によって放送されている内容が違う。ちなみにオリジナルというか、古くから放送されているのはCBC版で、一ヶ月半ほど放送期間が長い。

「世界で最も長い期間放送されている料理番組」としてギネス世界記録によって登録をされているが、これは日本テレビ版の方である。厳密にはCBC版のほうが長期間放送されており、またNHKの『きょうの料理』のほうが5年ほど放送期間が長い。しかし『きょうの料理』は初期のほうでVTRが残っておらず、そのために記録としては未公認であるとのこと。

 因みに、CBCラジオの放送エリアではラジオ版の『キユーピーラジオクッキング』という番組が現在も放送中である。ラジオなので映像はないのだが、放送時間は約3分間で番組タイトルに「3分」とついていないのに原理原則に忠実なのが不思議である。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-30 00:32 | 雑記
十個を選ぶ
 なにやらネット上で世界名作小説十選を作ってみるというネタがあったようで、「あーじゃない、こーじゃない」という雑談が展開されていた模様。好みを全面に出すか、あるいは文学的価値(後世への影響とか)を重視するかで意見が割れる、割れる。

 また「小説十選」なので、戯曲を入れるか、詩はどうするのかで、内容が大きく変わるので思案のしどころである。戯曲なしだとシェイクスピアは外れるし、詩を抜きにすると『神曲』はアウト。また未完結作品というのも問題をややこしくする。

 少なくとも、地域に偏りがあってはいけないと思うので、世界各国から少しずつ選ぶことになるのだが、その場合に日本代表は何になるのか。古典である『源氏物語』で落ち着くのか、あるいは近世の作品で文学的意識が芽生えてからの作品が良いのか。芥川の『藪の中』なんて良いと思うんだけれどね。

 でも英文学代表を決定する際に、好みは差し置いて オースティン か ディケンズ のどちらかは入れて置かなければならんのですよ。でもシェイクスピアが戯曲という理由で落とされてなかったら、どの作品を代表に入れるかで揉めるだろうし、もろもろ面倒くさい国だなあと思う。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-29 00:50 |
Shootという言葉
 英単語の「shoot」は、「(銃を)撃つ」という意味の他に「(画像を)撮影する」という意味にも使用される。

 紛争地帯で、持っているカメラを重火器と誤認され、カメラマンが銃撃される事件がしばしば起きる。カメラを構える姿勢が、重火器を構えているのに似ているからだが、もしかしたら「shoot」を撮影の意味に使用するのは見た目の類似から来たのかもしらない。

 最近、海外のニュースサイトで銃乱射事件の記事を読んだのだが、その際にGoogle翻訳にて「shoot(と過去形のshot)」が全て「撮影」と翻訳されていた。そのため人が亡くなったニュースであるのに、ドラマ化映画みたいな出来事みたいに感じられて、とても奇妙であった。

 ただ、銃撃と撮影を同一の単語で表現することについては、いろいろと面白い連想はある。海外(主に米国だが)ではムシャクシャすると「shoot(銃撃の方ね)」してしまうけれど、日本でムシャクシャして「shoot」というと隠し撮りなのだと。無差別銃撃のうち主に学校を事件現場にするものを「school shooting」と呼ぶそうだが、日本で「school shooting」と言ったらエロ教師による不祥事である。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-27 23:37 | 雑記
機能を絞りこんだら2年ほど退化した
「Windows8の発売でタブレット市場が」という話で、すでにプリインストールでタッチパネル&キーボード回転のノートパソコンも販売している模様。しかし、すでに販売されている別のタブレットPCなんかで、ワイヤレスキーボードを使うというのじゃ駄目なのだろうかと思わぬでもない。

 自分はマカーなので、母艦をMacMiniにしiPadを子機という構成で、ディスプレイ代わりにHDMI端子付きのテレビ受像機に出力、Bluetoothキーボードという組み合わせで総額を試算したのだが、10万円そこそこでいけるという結論に。Windows系OSを突っ込むとか、Officeがプリインストールされてないとか不都合はあると思うのだが、それぞれの機械に何を分担させるかを考えておけば悪くない選択の気もする。

 おそらく自分であれば、タブレット使用は「変な場所で文字入力したくなった」という理由であろうから、無駄なソフトを入れずにひたすらワープロ的な使い方が出来れば良い。そして入力したものを母艦に移し、適当に手直しをするという使い方であれば、わざわざ回転するキーボードがなくとも大丈夫であろう。

 だがその使い方であれば、タブレットPCなんかじゃなく、キングジムのポメラでも良いよなあ。結局はキーボード入力でテキスト書類を作成できる機械があれば困らないのであるから。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-27 01:07 | 時事
考える速度が速すぎる
 あまり喋らない人というのがいるが、彼らが別に何も考えていないというわけではないという話。むしろ物を考える速度が高速過ぎて、言葉を介しての出力が追いつかず、処理に手間取ることで言葉が出てこない可能性もあるそうな。

 似たようなことは文章書きの世界にもあり、書こうと思う文は脳裏に浮かんでいるけれど、手が遅くて書きとめる前に文章が忘却の彼方へというやつ。文章を書きとめる速度が思考に間に合うほど高速という人はそれほど多くはないので、この喩えは経験がある人も多いと思う。

 また非常に専門的なことを思考している際にそれを語らねばならぬ場合、相手の持つ知識に合わせて専門用語の補足を加えねばならぬことがあるのだが、その説明が面倒なとき。本筋には関係のない話なので手短に済ませてしまいたいのだが、何故かそこに食いついてきて話を膨らまそうとする奴とかとても邪魔くさかったり。

 そんな感じで、考えていることを全て説明するのにとても労力がかかるので、思考速度が速い人は必要なことと、喋らずにはおれぬこと以外は口をつぐむ傾向にあるようだ。で、そういう人に好きなように喋らせるには、話し相手も同程度くらい思考速度が高速で、受け答えにタイムラグが発生しないというのが望ましいという。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-25 23:57 | 雑記
そのメガネは本当に似合ってんのか?
 日本メガネドレッサー賞ほど納得のいかない賞も珍しい。受賞者の半分以上が普段ほとんどメガネをかけぬ人間で、授賞式に登場しても持参したメガネが似合っていないという、主旨がめちゃめちゃな賞なのだもの。

 また今回はタイミングがよろしくなく、直前にノーベル医学生理学賞の受賞者である山中伸弥教授がメディアを賑わせていたため、ちょっとやそっとのメガネでは太刀打ちできぬのである。あれはかなり「良いメガネ」だからなあ。そして同時受賞のガードン教授の風貌が、これまた「良い悪の科学者」だからなあ。この場合の「良い」はある種の類型にイメージがぴったりという意味での「良い」であります。

 自分はそれほどメガネに萌えるタイプではなく、むしろメガネ着用者であるために「メガネで勝手に萌えんじゃねぇ」という意見を持つ方なので、おしゃれと称してメガネを掛ける風潮は大嫌いである。なのでいくらメガネが似合おうと、視力が不自由していない奴のメガネを「メガネっ娘/メガネ男子」と呼ぶのは納得いかない。そして「メガネ着用時と、外した時のギャップに萌え」とか、外したらメガネ萌えじゃねえだろ、福井に行って反省せよ(以下略)。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-25 00:05 | 時事
犬を飼うマッチョ・マン
 このブログに昔書いた記事を浚っていたところ、Googleで「猫LOVE男子」を翻訳を通しつつ検索すると「変態、あるいはゲイ」と書かれたサイトが出てくる話を発掘する。(2012年7月4日の記事)

 そういや、そんなことも書いたっけと思ったが、まあ面白いので話を広げてやろうと感じた次第である。今だと「変態、あるいはゲイ」のサイトは検索で出てこないが、その考え方自体は薄れていないようなので。

 問題のサイトはアメリカのもので、猫好き云々の思考の拠り所になったのは「本物の男は犬を飼うべき」との信念からのようだ。で、この場合の「本物の男」というのは、ハリウッド映画に大量に出現するマッチョでタフな男のことである。

 アメリカ人のマッチョ好きは日本人の目からするとちょっと度外れたところがあるのだが、それがレベルを振りきってしまうとマッチョの逆に位置するナヨナヨした男を馬鹿にする方向に走る模様。そしてナヨナヨした男のカテゴリーに「変態(GeekやNerdを加えていたり)」「ゲイ」を認定して暴言を浴びせているのである。

 また、飼い犬を躾け、自分を家長として言うことをきかせるという一連の流れを社会的な地位の確立とオーバーラップさせて考えるためか、そのような躾で命令をできぬ猫を飼うことを奇妙なこととみなしている様子である。なので猫を好んで飼う人間を変人呼ばわりしているのだと思われる。

 しかし、そう思っていたとしてもわざわざ世間に向けて変態呼ばわりするという行動の意味は分かりづらいのだが、まあアメリカに於いては根強いゲイ差別があり、その裏返しとしてゲイと見做されたくないがためにことさらマッチョを強調する傾向が強いので、わざわざネット上で猫好きを侮蔑する発言を載せてしまうのだと思われる。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-24 00:36 | 雑記
おずおずと、好きな物を勧めたい
 文字だけで、文章だけで音楽のことを書くのは難しい。分かっちゃいるんだけれど、時々ものすごく愛が溢れて、激愛宣言とかしたくなってしまうのである。

 昨今ではネット動画へのリンクでも貼って、「この曲が好き」とやれば多少は伝わりやすくはなっているけれど、それでも激しい愛着を伝えるには至らないというのが実情かもしれない。何がどう好きか事細かく伝えることはできるけれど、同じ曲を聞いて他人が同じような感想を持つかどうかは予測し得ないわけで。

 また困るのは、そうした曲がTV番組の挿入歌やらCMソングやらに使用され、曲自体のイメージではなくそちらのイメージを帯びてしまうことだろうか。好きな曲なのに、嫌いなタレントと並べられてしまったりね。

 最近は「出会った・愛した・あなたとわたし」的な曲はお呼びではなく、もっと穏やかに人生を語る傾向の曲が好きだ。万人受けではないけれど、ある瞬間に心に止まったことを、控えめに「良いよね」と意思表示する感じのやつである。あまりに控えめすぎるので聴手を侵食しては来ないけれど、しかしジワジワゆっくりくるので気づいた時には奥深くに染み込んでいるという系統の曲だ。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-23 00:35 | 日記でしかない
脅迫するほどのヒマがない
 遠隔操作ウィルスがメディアで大きく取り上げられているが、既存のマスメディアであるとウィルス対策やら何やらに関してマニアックな情報が出てこないのが残念だ。たいていはセキュリティ・ソフトの更新と、怪しいファイルに手を出さない程度のことしか言わないから。

 マウス・オーバーするとリンク先のURLが表示されるプラグインだとか、短縮URLを伸長して表示するプラグインだとかをブラウザに入れておくだとか、モデムとコンピューターの間にルーターを入れるというような情報を聞かなかったので、多分マスメディアの中にいる人達のコンピュータ知識はその程度なのだろうなあと思う。

 だが、コンピュータを使っていてもあまり理解していない人たちにとって、少し突っ込んだコンピューターの使い方をしている人種はみんなハッカーに見えてしまうのだろうと思うと非常に複雑な気分である。でもパソコンに詳しい人が全てウィルスを制作するわけでもないし、また方々に脅迫メールを出すほど暇でもないのだけれどね。
[PR]
by muzina-giku | 2012-10-21 00:31 | 時事

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧