<   2012年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
尋常じゃない毛
 鼻の横に一本、非常に細い白髪が生えている。長さはおよそ5センチぐらいだが、非常に弱々しい細さであるので、顔の真ん中にあるけれど誰か他人にそれを指摘されたことはない。細いし、色彩的に紛れてしまうので、気づかないようである。毎日顔をつき合わしている家族ですら、十数年前から生えているこの毛のことをまるで気づいていなかった。

 この毛のように、身体の尋常ではない場所から、色の薄い毛(白髪や金髪)が一本だけ生えているのを、俗に「仙人の毛」「福毛」「神の毛」と呼ぶことがある。尋常ではない毛なので、尋常でないネーミングで特別視しているのだと思われるのだが、それにしても「神の毛」はいろんな意味で凄いなあ。「髪の毛」の駄洒落でもあり、どことなく「神の子」っぽくもある。

 そういえば仏像で眉間に水晶の嵌めこまれている像が存在するが、あの水晶も尋常でないところから生えた毛であるとされる。仏像においては特別に「白毫(びゃくごう)」と呼ぶが、あれは眉間に生えた一尺五寸の長さの毛なのだが右巻きに小さく丸められているのだそうな。

 以上のように、悩むほどでもない自分の体の変な部分について書いてみた。福毛は抜くと良くないとの迷信があるので、どうしても鼻横のは残してあるのだが、いろんな機会に磨り減るらしく極端には成長することはない。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-28 23:15 | 雑記
やたらと何でも混ぜるのは止めて
 コーラにカルピスを混ぜて作る「カルコーク」という飲み物がある。どうも一時の流行で今では伝説の飲み物扱いをされる存在であるが、作り方が非常に簡単なので飲もうと思えばすぐに試すことの出来る飲料だ。

 しかしその味を評して、美味いという者もあれば、不味いという者もある、評価の別れる代物である。自分は何かの機会に「人生は経験」と言い含められ試したことがあるけれど、特に感動も何もなかった記憶がある。元となるカルピスもコーラも、どちらに対しても愛があるわけではないからこその感想であるが、あまり自己主張の強い味ではなかったということ。わざわざこの形態で飲むようなものではない。

 そりゃあ昨今のコーラでは往年の薬臭さが抜けて攻撃力が低下したと言われて久しいが、そのようなコーラではカルコークの自己主張が弱くても当たり前と言われるかもしれない。しかし自分は一応、瓶のコーラを使用したのだけれどね。

 ただし、コーラとカルピスの組み合わせではパンチの強い味にはならぬだけれど、コーヒーとカルピスではアウトとなるのは何故なのだろう。昔このブログの記事として書いたこともあるが、今まで口に入れた食品の中で三本指に入るほどの不味さであったのだが、コーヒーの香りが吹っ飛んだ苦い液体にカルピスのほのかな酸味が加わり、まさに泥水を飲んでいる感覚だった。

 だが世の中は分からぬもので、そのカルピスコーヒーを美味いという人がおられるようである。事実、「カルピス コーヒー」で検索すると、クックパッドにレシピを掲載している人がおり、その感想が「コーヒーの苦味がカルピスで中和されて美味しい」なのだそうで。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-28 00:44 | 雑記
解けるかな
 ネット上にて話題となっている頭の体操問題。画像共有サイトから絶賛拡散中のものらしい。

c0041164_021046.jpg


 ちなみに画像でなく平文ではこんな感じ↓
7H15 M3554G3 53RV35 7O PR0V3 H0W 0UR M1ND5 C4N D0 4M4Z1NG 7H1NG5! 1MPR3551V3 7H1NG5! 1N 7H3 B3G1NN1NG 17 WA5 H4RD BU7 N0W, 0N 7H15 LIN3 Y0UR M1ND 1S R34D1NG 17 4U70M471C4LLY W17H0U7 3V3N 7H1NK1NG 4B0U7 17, B3 PROUD! 0NLY C3R741N P30PL3 C4N R3AD 7H15. R3 P057 1F U C4N R34D 7H15.


「強い精神力」を持っていれば読めるとの触れ込みだが、精神力よりも眼力が必要な気がする。解き方自体に英語力は必要なく複雑なものではないけれど、解読後の文章を読むには英語力が多少は必要となる。

 所々に意味の通る単語が混じっているので、その周辺をじっと眺めていればそのうち解き方は分かるんじゃなかろうか。自分の場合、分かった後に文章をテキストエディタにコピペして解いてみたのだけれど。

 そして解答には、「分かった後に他のみんなに回せ」とあったので、このように貼ってみた次第である。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-27 00:24 | 雑記
バカにつける薬を飲んじゃうような人かもしれない
 従来型の携帯電話からスマートフォンに持ち変えた人の中には、致命的にスマフォ向きではない人がいるのだなあと。ある程度アプリケーションメモリの管理やら、セキュリティ意識のような作法が必要となるのだけれど、そこら辺が致命的に甘い。

 でも使い方を自分で調べて覚えていけばいいんだが、そういう人に限って自分で何かを調べるということがないのは何だかと思う。まあ検索するぐらいのことはしてもいいと思うが、なぜかしないで他人に聞くよね。で、本人よりも縋られた人間のほうが端末についての知識を蓄えるような事態になる。

 トラブルの時、他人に聞くというのが悪いわけではないけれど、少なくとも聞いた分は覚えてしまったほうが得だと思うんだがね。似たようなことが次に起こらぬとも限らぬ、というか無防備に使うものだから「次」は必ず起こるんだが、その時にまた呼ばれる方はいい迷惑だ。そしてどんなトラブルも解決へのアプローチって似たような手順を辿るんだから、他人の流儀を記憶しておくことは損ではないのだし。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-26 00:47 | 雑記
マナーの違いは越えがたい溝となりうる
 某国におけるインスタントラーメンの正式な食べ方というのが話題になっているそうな。所変われば品変わる、郷に入れば郷に従え、なので確認してみたが、その食べ方を実践するのはちょっと無理かもしれない。

 要は、小鍋で煮込んだラーメンを、丼などの別の食器に移すことなく直に鍋から食べ、熱い場合には鍋蓋を皿替わりにして冷ましつつ喰うということなのだが、どうにも背負ってきた食事作法に反するために残念ながらドン引きなのである。

 一人暮らしなどで洗い物を増やしたくないとの理由で鍋から喰いをする話を時々聞くが、自分自身では無理である。洗い物云々を考え、実際に食卓で鍋を直接おいて喰おうと構えたことがあったが、直前に無意識が拒否。結局は洗い物を増やしたのである。

 とは言っても、他国から見た日本のマナーでは器を手に持って食べることがマナー違反に感じるのだという。まあ日本の陶磁器の技術は、小さくて軽い器を安く作ることに秀でていたため、食事の際に一人一個の茶碗を手にすることができたという背景があるのだが、あちらの方は食べ残しも仕方ない程の大量の食品をテーブルに積み上げるのがマナーだから相容れない側面があるのだと思う。

 まあ西洋の古い時代には食器がなく、テーブルを直接繰り抜いた窪みにスープを入れ、それをカリカリに乾燥したパンで吸い取らせてから口ですするというのがマナーであったから、時代や場所が違えば本当に理解しがたいことになるのは致し方なかろう。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-25 00:22 | 雑記
スーパーハッカーさん、登場
 又聞きながらネットストーカーの相談についての話を聞く。何が理由か不明ながらSNSで目をつけられてしまったらしく、怪文書のメールが次々と届くのだそうな。どうも被害を受けている本人がセキュリティレベルの非常に低い人らしく、ストーカー対策以前に本人のレベルを向上させなきゃならないという別の意味での苦労を背負っちゃっているらしい。

 だがストーカーとされる人物についても相当に香ばしい人物らしく、自らを「スーパーハッカー」と名乗り、メアドから住所が割り出せるだとか、裏ツール使うだとか、闇サイトに書き込んでやるとか、もう「中学生は夜更かししちゃ駄目よ」という感想を持った次第。

 いやー、スーパーハッカーってあれだろ、高速スクロールするバイナリコードの画面を見ながらキーボードをガシガシ撃ちこみつつ、「さあ、いい子だ、うまく行ってくれよ。それっ、ビンゴ!!」とかやるやつだろって、何時の時代の娯楽映画における典型的なパソコンオタクなんだか。つうか、最近のプログラムってデータ量が多すぎるために、かえって紙媒体のほうが仕事がしやすいんだがなあ。

 なんというか「闇サイト」「裏ツール」なんて単語を出して意気がっている時点で文章に草を生やしたり、括弧を付けたくなるレベルのストーカーであることは把握した。なので対処としては、放置&発端となったSNSに一ヶ月くらいログインしないことで大丈夫だと思う。まあ、あんまりエスカレートするのであれば、「みんなオラに元気を分けてくれ!」と数の力に頼る方法もあるが、ストーカー本人がものすごく馬鹿だからそこまでこじれることもなさそうだけれど。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-24 00:10 | 雑記
意味が変化した後に省略された語
「情弱って何?」と知り合いに聞かれる。メールのやり取りでそういう単語を使われたらしい。何となく罵るための言葉であることは分かるが、正確な意味を知らなかったのだそうな。で、正確な意味というか省略前の単語として「情報弱者」という言葉を教えておいたのである。

 元々はインターネットや携帯電話のような情報技術の整備が遅れ、旧来の情報伝達に頼らねばならぬことを表現した言葉であるが、それらの技術が普及した後に意味の変化した言葉だ。今日のような情報が過剰となってしまった状態で、情報の取捨選択がうまくできずにデマや、悪意ある情報に騙されたり振り回されたりする、能力が劣っているという意味の「弱者」である。

 昨今ではネット上の様々な場で使われている言葉であるが、言葉の成立や意味の変化した事実をきちんと把握している人の割合はどれぐらいなのかは分からない。しかしネットスラングとしては広く認知されるようになってきた言葉であることは確かで、時々ネットを離れた現実の会話で耳にしてしまうこともある。目新しい言葉を意味を調べて記録してゆくことは好きだが実際に使用することは稀なので、この傾向は少々奇異に感じるのだが言葉の変化の段階を追う意味では興味深いと思う。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-23 00:11 | 気になる言葉
新マスコットは可愛くないけどな
 我らが横浜ベイスターズがめでたく最下位脱出となったのは良いのだが、野球中継の際にチーム名の省略形が「De」となっていることが非常に気になって仕方ない。今まで通りに「横」ではいけないのだろうか、「De」では同じセ・リーグの中日ドラゴンズの「D」とかぶってしまう場合もありそうで混乱するのではないか。

 親会社がネットワーク事業者なものだから、少しでも会社名を連呼してほしいとのことかもしれないが、前からのファンでは普通に「横浜ベイスターズ」と呼んでいるので、かえってピンと来ませんな。ちなみに身辺には未だに「大洋ホエールズ」呼ばわりな人間もいるので、何が何だかである。

 まあ今の親会社が良いのか悪いのか結論は出ていないのだけれど、前の親会社がアレだったので、今のところは静観すべきということか。そもそも今の親会社が球団に口を挟めるほど野球のことを分かっていないような気がするので、知恵を付ける前にチームとしての中身を整えてしまうというのが理想なのだろうけれど。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-22 00:55 | 雑記
人間との距離感を失った野生動物は怖いそうですよ
 クマの飼育施設で、飼育されているクマが見物客に餌をよこせとアピールする施設というのは、大抵はクマに充分な餌をやらず客に販売する餌で儲けているのだという。またそのような施設では、餌をクマのいるスペースへと投げ込む必要があるため、クマの活動エリアの天井部分がオープンエアで開いている事が多く、そのために積雪の多い冬には容易に脱走できることが長らく指摘されている点でもある。

1996年8月、動物写真家の星野道夫氏がTV番組の取材中にヒグマに襲われ、亡くなった事故の際にも、問題のヒグマは地元の人間によって餌付けされた個体だったという。地元TV局関係者が楽にヒグマの映像を撮影できるようにと定期的に餌付けをしていたらしいのだが、そのために人間の食べ物の味を覚え、そして星野氏の衣服に残っていた煮炊きの残り香に反応したというような検証がなされたようだ。

 しかし、クマによる襲撃事故においては、トラウマレベルの惨状を耳にすることが多い。それはクマが獲物を襲う際にきちんと止めを刺さないからだと思われる。そのために「生きながら」とか「内臓大好き」という話になりがちなのである。それで絶対にググっちゃ駄目なキーワードとして「三毛別」が有名になってしまうのだけれど、文字だけの情報でアウアウしちゃうレベルなので仕方ないのだよ。
[PR]
by muzina-giku | 2012-04-21 00:08 | 時事
幸せになれる猫画像検索キーワード
 猫好きにとって幸せになれる検索ワードを挙げるとすれば「ごめん寝」と「スコ座り」になるのであろうか。

 前者は深々と土下座をし謝罪をするかのごとく揃えた前肢の間に顔を埋めるように睡眠する猫の姿のこと。別名「すまん寝」とも言うらしいが、うちでは長らく同じ寝姿のことを「顔面睡眠」と呼んでいた。ともかく見た目、息苦しくはないのかと心配するような姿勢であるが、この寝方が癖になっている猫はかなりの頻度でこの姿を取る。

 後者の「スコ座り」はスコティッシュ・フォールドが行うことの多い姿勢のことで、腰部で体重を支えて上半身を直立させ、後肢を前方に投げ出すように座る姿のこと。この座り姿がまるで人間のように見えるため、しばしば「おっさん入ってる」と言われるが、これはスコティッシュ・フォールドで種としての特徴として軟骨の異常が起きやすいことと関係があるのかもしれない。でも病気として症状が出ていない個体では、その姿勢は楽なんだろうか。

 猫画像を検索していて幸せな気分になることも多いが、しかし画像を撮るために猫どもに無理なポーズを強要している例も少なくないという話を聞く。でもそういう強要型の画像って何となく撮影する側のイヤラシさが出ているような気がするんだけれど、撮影者はそういうのに気付きもしないのだろうな。

 ちなみにうちの猫で多いのは「プーマ寝」で、これはスポーツ用品メーカーのプーマのロゴマークのような姿勢で寝てる猫を指す造語。
c0041164_031968.jpg

[PR]
by muzina-giku | 2012-04-19 00:32 |

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧