<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
奥行きのあるド助兵衛
 話題の3Dテレビが立体的に見えるのだといっても、飛び出て見えるのではなく、奥行きが深く見えるのだそうで。そういうわけだから、画面奥から突進してくる物体が迫力たっぷりというわけでもなく、むしろ広々とした景色が雄大に見えるというのがウリなのだそうな。

 そのため、3D普及のために必要なこととして、たびたび言及される「エロいコンテンツ」というのは、この方式の場合まるで意味を成さないのだということらしい。

 せっかく体形に起伏の大きな女優を起用したとしても、飛び出る胸の膨らみはそれほどの迫力を感じられないという結果が待っている。そして、より強調される画面の広大さというのも、然るべき行為を屋外で行なう状況というのは特殊である(公然猥褻で逮捕されてもね)。

 結果、せっかくの3Dであっても、狭い部屋で乳繰り合っているという、従来のコンテンツと代わり映えの無い代物が3Dを謳ってリリースされることとなり、それを特殊な眼鏡を用いて再生装置に正対して鑑賞するという間抜けな状況を引き起こすのであろう。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-31 23:37 | 雑記
そこの物を有効活用
 スポーツで、強いチームと弱いチームの違いって何だ? という話になり、なぜか冷蔵庫の話になる。監督に求められる資質の差を考えるためのたとえ話である。

 風邪引いて寝込んだ一人暮らしの男の部屋へ彼女が見舞いに行き、冷蔵庫を覗いてそこにある物で適当に料理を作るという状況に似ているのだろうか。それなりに食材が揃っていることもあるだろうが、プリンとビールしか入っていないような冷蔵庫もあるに違いない。時には田舎のかーちゃんが小包を送ってきた直後で、「何でも来いや」な充実っぷりのこともあろう。

 思う通りに献立を組み立てられるとは限らないと思うが、それでも何とか出来ることが望ましい。どうにも手が回らぬとなれば、結局は要る物を買うなりして手に入れることになるのだが、無ければ無いで何とかする知恵も必要だ。後は、プリンはかき混ぜて過熱し、ホットなミルクセーキだと言い張る図太さなども。

 まあ、およそスポーツの話題とは言い難い内容であるのだが、たとえ話としてはそれなりに面白かったのは確かだ。
 それこそ、高級食材が溢れんばかりに蓄えられ、一流ホテルのレストラン並みの献立も可能なのに、料理人の腕がヘボくて、口に入れると健康にも精神にも大きなダメージを与えそうな料理が出てくるチームもあり得る話である。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-31 00:34 | 日記でしかない
代替物
 健康志向か何か知らぬが、最近のスポーツ飲料の中には塩分が加えられていない物もあるので気をつけたほうが良い。熱中症対策として、「汗と共に失われるナトリウムを適宜スポーツ飲料で補給」と、様々なところで言われていることだけれど、ナトリウムがゼロではその役割を果たすことが出来ない。

 同様に、暑さの中では糖分も消費してしまうようで、少し意識して摂取しておかないと低血糖症を起こすこともある。その点でもやはり健康志向のカロリーゼロを謳う飲料であれば、舌で感じる甘味ほどには糖分を摂取は出来ず、知らぬ内に血糖値がジリ貧となっているのだ。

 味を調節するために別の物を入れるくらいであったら、最初から入れずに「足りない」ということを分からせてくれた方がマシなのに、何故人工甘味料で誤魔化そうとするのかが分からない。仕方ないので、自前で塩を舐めたり、飴をしゃぶったりするが、人工甘味料が余分なせいで、摂取した量が分かりづらく混乱をする。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-30 00:41 | 日記でしかない
怪しい踊りで迎え撃つ
 どうやら雨が降るらしい。

 降れば、アスファルトやコンクリートに蓄えられた熱が抜けて、もう少し過ごしやすい気温となるのだろう。しかし、残念ながら、まだしっかりとした量の降雨は感じられない。

 ここまで猛暑なので、寝つきが悪く、疲労が蓄積しているから、とっとと気温が下がって欲しいのに、人間が望むほどには気候は如何ともし難いものである。降ってくれば、灼けたアスファルトに触れた水の蒸発する独特の匂いを感じられるのであるが、その瞬間が引き伸ばされていることでかえって精神的な疲労が増してくる。

 あまりに待ちわびた雨であるので、降って気温が下がったら一つ踊ってやろうとも考えていたのだが、この時間では踊っては近隣に迷惑であろう。足を踏み鳴らしドシドシと騒音を発生させるわけにもいかんので、腰より上の部分をクネクネひねらせ、腕だけニョロニョロとさせる怪しい動きで我慢することにする。まあ、結局踊るのだな。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-29 00:01 | 日記でしかない
暑い暑い
 だんだんと喋る台詞がワンパターンになってゆき、もう「暑い」以外の台詞が出てこないのではないかというぐらい暑い。
 地域によっては雷雲が発生し、それに伴う激しい降雨に対しての注意がされているようだが、こうも暑いと雷だろうが何だろうが、気温が下がるようなことだったら何でも起きて欲しいと願うところである。

 体力的にはそれなりのダメージを受けているようで、手の指にはブツブツが出来ているし(異汗性湿疹か、痒くない)、ブツブツは出なくとも変なところは痒いし(かぶれた)、夢見は悪いし、色々と削り取られている感じはする。こういうときに珍しい、普段食べない物を喰うと、激しい反応が出るので要注意なのだ。

 しかしそういう時に限って、体力を付けるという名目で変な食い物を勧めてくる奴が出てきて困るのも、まあ季節の風物詩か。ネギ類の大量に入った肉料理は、体力は付くのかも知れないけれど、自分が食うには命の危険が真面目に発生するのだけれど。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-28 00:33 | 日記でしかない
手に入れようとは思わぬが
 銃器マニアが、分解した銃器の部品をバラバラにして個人輸入する手口で、銃の密輸を行ない逮捕されたというニュースを見て、通販番組のパロディ動画を思い出す。



 もちろん、こんな風に銃が買えるわけではないし、またこの動画の本来の目的は銃の国際取引に関する規制をより厳しいものにするための意識喚起なのだけれど。

 しかし、なぜかこの手の動画ではAK-47が悪者にされてしまう。紛争地帯で武装ゲリラやテロリスト、その他非合法組織の成員によって多く使われる銃火器だからということはあるけれど、アメリカ製ではないということも悪いイメージを形作る原因となっているのだろうか。

 また本邦においては、このAK-47に字面の似た、若い女性を寄せ集めたアイドルグループが存在しておるのだが、あれもなんというか火砲並みに危険という気がする。応援するために経済的な危険を犯さねばならず、またファンであることを公言することにより対外的なイメージの面でダメージを負う。命こそ失いはしないが、それでも大事な物が危機にさらされることは間違いは無さそうだ。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-27 00:45 | 時事
ガンダム土産を貰った
 ガンダム見物に行った奴からガンダム土産を貰う。オタク相手の商売だとは分かっているのだが、いろいろとすごいな。

 しかし、土産を持ってきた奴も、土産を貰った方も、オタクではあるけれど巨大ロボット方面を志しているわけではないのが、実に不思議な話である。

 かたやミリオタであり、戦場でロボットを活用するのであれば、人体の10倍の大きさなど必要なく、むしろ重火器などのパワーの必要な兵器を単独の兵士が使用出来るように、出力をサポートするようなパワードスーツ系ロボットの方が実用的であると主張する人間。もう片方はやはり兵器オタではあるものの、むしろ火砲登場以前の刀剣・鈍器の類をすこぶる愛する人間である。

 そういう2名が、"等身大"の巨大ロボットについて、「別に興味ねーなー」「付き合いだから仕方ないんだけどねー」と、変な意気投合の仕方をしているのだった。

 メディアでは、妙な知識をむやみに貯め込んでいる人間をまとめて「オタク」と呼んだりして、何事が説明している気になっているようだが、中に入って観察してみると、細かい派閥があって互いに悪口を投げつけ合っているのだから、油断ならないのである。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-26 00:07 | 日記でしかない
あまりに暑いと頭に来る
 観測史上歴代一位の最高気温を記録しているので、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市が毎年のように比較されることになる。しかし、そもそもの最高気温にしてからが、多治見市の方は同じ気温に二度到達しているのに対して、熊谷市は一度なのだから、最高に暑い市は多治見市の方なのではないかと思うのだが。

 今年もとんでもなく暑いが、熊谷のほうは各地の最高気温ランキングで、10位にもはいらないのであるし、なんというか「まだまだ」な雰囲気が漂っているような気が。しかし、曲がりなりにも関東であるため、東京中心のマスコミからは取材しやすい距離にあるからであろう、連日凄いことになっているかのような報道が続いている。

 だが、ランキング10位にも入らぬような場所を取り上げて「暑い暑い」と言われると、観測データ上はそれ以上の気温の場所に住むのに鼻も引っ掛けられぬ住民にとっては微妙に頭に来る事態ではある。

 とはいえ、あまり細かいことに対してカリカリと怒っていると、真面目な話死んでしまうので、心穏やかに暑さを凌ぐことを考えた方が良さそうだ。あまりにいろんなことが頭にきて、プッチンプリン・ソーダ味の毒々しい青色をしたカラメル部分にひとしきり怒りをぶちまけ、少なからぬ疲労を覚えたばかりなのである。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-25 00:37 | 日記でしかない
上に向かない
 部屋の中の天井に近い部分に温い空気が溜まっており、非常に暑苦しい。

 一旦攪拌してやれば温度も下がるのだけれど、通常の扇風機では仰角にするのが難しく、また風量も物足りぬので、非常に不満を感じる。

 そういう用途のためにエア・サーキュレーターなる商品があるのだが、それらは大抵タイマーが付いていないので導入に躊躇をしているところである。似たような物でボックス扇というものがあるのだが、こちらは若干風量がおとなしい気がする。

 ともかく気温が30度より下がらぬので、せめて水冷にしようかと、板床の部分を水拭きだ。布製の雑巾を絞るのは案外面倒臭いので、洗車用に用意してあったセルローススポンジを使ってそこいら中を拭いて回る。
 スポンジに、少し多めに水を含ませ、網戸に水を垂れ流すように滴らせ、即席に冷やす。意外とアルミサッシが温とまっており、濡らすことですぐに温度が下がるけれど、それがいつまで保つのか未知数なのが恐ろしい。
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-23 23:43 | 日記でしかない
夕日が綺麗だから明日良いことがありそう
「夕日が綺麗だから明日良いことがありそう」と思えないのは、地震雲のような知識が植え付けられてしまったからなのだろうか。実際、今朝もそれなりの揺れの地震が起きて、猫が「うわあ」というような表情をしているのを見てしまったし。

 でも、今日の夕空が赤かったのは、朝の地震とは関係ないのだろうけれど。

夕日
(画像をクリックすると、別窓で大きなサイズの画像が表示されます)
[PR]
by muzina-giku | 2010-07-21 23:52 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧