<   2007年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
左手インターフェイス
 その昔、利き手の右腕を犬に噛まれて一週間ほど使えなくなったことがあった。普段普通に使っていたものが使えないことの不便は、まさに筆舌に尽くし難し。授業中にノートも取れないし、水道の蛇口もひねれない。片手なのでタオルを絞ることも出来ないし、ファスナーも左右の合わせ目が逆なので着替えの時にものすごく苦労をした。
 よく左利きの人々から聞かされるのだが、世の中の製品はほとんどが右利きの人に使いやすいようにできていて、意外な物が使えずに困るということだ。そのことがその時に嫌というほど身にしみた。

 おかげで現在、特技として左手で字が書ける(つたない)、箸が使える(もたつく)のだが、そういうのは再び右手をケガしないと披露する時はないのだろうとも思う。

 そんなことを突然思い出したので、では当時存在していなくて現在毎日のように使用している道具を左手で使ってみようと思い立つ。平たく言えば、コンピューターのマウスを左手で操作してみたのだ。幸いなことに使用しているマウスの形状が左右対称なので持つ時に手にフィットしないということはない。

 最初に気付くのは、2ボタンマウスでは左ボタンと右ボタンの役割が、中指と人差し指で入れ替わっていて非常に混乱するということ。初日であるためか何度か意図せぬ方のボタンをクリックすることが多々あり。
 また使ってみて初めて気付くのだが、画面に表示されるマウス・ポインタは先端が向かって左向きに傾斜しているために、左手で使っているととてつもない違和感を覚える。マウス・ポインタを左右反転すれば非常にしっくりとくるのだろうが、これなどは多くの道具が右利き用に調整されている例の一つとなるのだろう。

 今まで右手でしていた作業を急に左手に切り替えたために非常にもどかしく感じるのだが、右手で最初にマウスを扱った時ももしかするとこれぐらいつたない動きであったのかも知れない。ボタン位置が逆になっているので混乱をきたしているのだが、2,3日すれば何とかなりそうなレベルである。
 あまり右手だけでマウス操作を繰り返していると、手根管症候群を発症するのかも知れないのでたまに左手に切り替えられるくらいには慣れておいた方が良いのかも知れない。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-29 23:07 | 日記でしかない
旧カード王
 ピクシーこと、ドラガン・ストイコビッチ氏が名古屋グランパスエイトの監督に内定したそうで、この名古屋とピクシーとの関係の深さにただただ感心するばかりである。

 セルビア紛争を原因としたユーゴ・ナショナルチームの公式戦からの無期限追放と、オリンピック・マルセイユの八百長疑惑の制裁措置でグズグズにされていた時に、最終的に名古屋に流れ着いた時のことを考えると運命の奇妙さというものを考えずにはおれないでいる。

 来日当初はカード王で、選手としてのキャリアを終える時には日本のチームに所属した外国人選手の中で最高の人材へと評価が激しく変わった選手なのだが、個人的には「お前の服は緑か(審判に対する暴言)」が思い出深い。あと浦和レッドダイヤモンド戦の時にレッズ・サポーターから浴びせかけられた暴言「ストイコビッチ、切れろ」という暴言だとか。

 今、彼が出会った中で最高の監督2人のうちの一人と評するオシム氏が体調を崩しており、その時期に再び日本のサッカーに関わるのも変なタイミングの気がしないでもない。ちなみにもう一人の監督はベンゲル。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-29 00:45 | 雑記
リアルで推理ごっこするのは禁止
 実際の事件をダシにして一般視聴者が犯人探しに興じるのは、趣味がよろしくないし不謹慎でもある。しかしマスコミは、事件に興味を持たせて視聴率を稼ぐために、どこまでか真実なのか分からない取材内容を無責任に電波へ載せて報道と称するものを展開する。

 そうした興味本位に仕立て上げられたニュースを見て、無責任に素人推理を公の場所に展開して得意になっているバカもいる。
 先日も「祖母・孫行方不明事件」について、犯人を名指しするいい加減な素人推理をブログ記事にした女優が不謹慎であるとして、芸能活動休止に追い込まれていた。結局、その事件で容疑者として逮捕されたのは別の人物であり、その意味でさらに恥の上塗りをしたわけだが。

 ↑の事件などは、報道現場に姿を多く現した事件関係者が彼であったために、報道が過熱した際に犯人扱いをされるという報道被害を受けることになったのだが、こうした事例を見るとマスコミと称する連中が何を報道しようとしているのかサッパリ分からなくなってくる。
 少なくとも、田舎の人間関係ということを考慮に入れていないのは明らかだ。都会に比べれば人間の数自体はとても少ないのだが、その分互いの関係は非常に濃くなり、繋がりのあった人間全てが容疑者となりうる環境にある。その個々のケースについて警察などの捜査機関が犯行の可能性を推し量るわけだが、チェックすべき人間の数が知れているために長くはかからなかった、ということなのだろう。

 ともあれ、孫2人の父親に当たる人物を犯人呼ばわりした者は今後、深く反省すること。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-28 00:27 | 時事
激・雑種
 その辺にいる雑種ネコでも、日本生まれで尻尾が短いといった条件を満たした個体であれば、ネコの血統を管理する団体に申請することで「ジャパニーズ・ボブテイル」として血統書を発行してもらえることがあるそうな。
 しかし、考えて見れば元々は雑種ネコである。そうまでして血統書が欲しいものか判断に困る。

 我が家のネコのうち、一匹は非常に尻尾が短く、触ると皮が余っておりその皮膚の下にブヨブヨと脂がついていて、感触がまるで鶏皮のような個体がいる。あまりに尻尾が短いので、尻尾を掴むと握りこぶしの中にその全体が収まってしまうほどであり、その状態で尻尾を揉みしだくとブヨブヨと変な感触で気持ちいい。尻尾に触られてもほとんど気にしないネコなので、嫌がらないし虐待ではないと思う。

 多分そのネコであれば「ボブテイル」と呼んでも差し支えはなさそうだが、今さら血統書を得てどうしようというのか。
 そのネコは知人が拾いうちへと持ち込まれたネコなのだが、最初の状態はポリ袋の中に兄弟と思しきネコたちと一緒に詰め込まれて瀕死の状態であった。一匹だけ生き残り、二日間ほど疲れ切ったためか乳も飲まずに睡眠を続けた後、ようやく体調を回復して成長、今に至る。
 血統書付きのネコであったらこんな風に扱われることなどなかったのではと思い、また動物を残酷に扱うことの出来る人間も存在することに居心地の悪さを感じる。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-26 23:29 |
騙して誤魔化した結果
 こうも偽装の話が多いとなると、いずれ謝罪会見に出てくる企業幹部などもその会社にはまるで関係のない人間を偉い人に仕立てて謝らせる偽装会見となるのではないだろうか。少なくとも、この手の会見において「正しい謝罪の仕方」を指南するプロデュース会社的なものがあるということは聞いた事がある。
 下手をすれば、雇用して一ヶ月と経たぬ新入社員を、無理矢理に現場責任者に仕立てて全ての責任をおっかぶせたりするんじゃなかろうか。偽装を指示しておいて、知らぬ存ぜぬの経営責任者であるのだからそれくらいのことはやりかねないし、事実それに近い話はそこら中で漏れ聞いている。


 世の中には「名前だけ管理職」というものがある。その会社にとっての利点は、残業手当を支給しなくても良いため人件費を節約できるということであり、そのため出世することで労働条件は厳しくなり、給料は逆に減り、という非常に困った事態になっている。
 企業というものは時折、会社を維持するためにはかなり非人道的な行為を平然とこなすこともあるのだが、「名前だけ管理職」もその一つの方策といえよう。

 しかし、こうしたカラクリも昨今では非常に有名になってしまったため、出世を嫌がる無役職の雇用者も非常に多いという。
 そのためか、立ち寄り先の周辺に最近新たにコンビニエンスストアの店舗が出来たが、それが一向に開店する気配がない。どうやら店長を雇う必要があるが、その募集をかけても人間が一向に集まらない模様。まぁ、雇われる人間もバカばかりではあるまいし。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-25 23:45 | 時事
鼻をつく酸っぱい匂い
2007年度の新語・流行語大賞の候補、60語が発表されてしばらく経つ。あらためてその語を吟味すると、どことなく饐えた匂いがするのだが。
「饐える(すえる)」とは食物が腐って酸っぱくなることで、ようするに賞味期限が切れてとても喜んではいただけないような、鼻に付く嫌な匂いがするということだ。腐った匂いということで、同種の言葉として「腐臭」という語も他方にあるが意味は違うので注意すること。
 どれもこれも「時代を代表する言葉」として記録に残すにしては、たいして流行もしてもいないし、言葉自体にもパワー不足を感じる。

↓参考までに候補語。

KY(空気が読めない)  産む機械  事務所費 
ナントカ還元水  しょうがない  お友達内閣 
背水の陣内閣  共生  マダム・スシ 
そのまんまショック (宮崎を)どげんかせんといかん 
宮崎のセールスマン  身体検査  姫の虎退治 
(消えた)年金  オグシオ  ハニカミ王子 
かわいがり  サミング  国民の期待に応えられました 
そんなの関係ねぇ  オッパッピー  どんだけぇ〜 
欧米か!  ビクトリー/ビリーズブートキャンプ 
千の風になって  がばい(旋風)  おしりかじり虫 
別に・・・  干物女  格差婚  鈍感力 
赤ちゃんポスト  1円○○(1円パチンコ、1円携帯) 
鉄子  ミンチ偽装(偽装食肉)  猛暑日 
ふるさと納税  モンスターペアレント 
闇サイト  ネットカフェ難民  デトックス 
カワユス/ギザカワユス  コンプライアンス 
金属ドロ  チャイナショック/チャイナフリー 
大食い(メガ○○)  フードファイター 
ワーキングプア (核施設の)無能力化 
もてぷよ  不都合な真実  大人かわいい 
ハケン  工場萌え  炎上  Dice−K  奪回 
ハンカチ世代  (一連の)ルー語 



 そして遅ればせながら、どうやら「三つ星」という言葉が巷を賑わせているらしい。フランスの料理店ガイド『ミシュラン』の東京版が発売されたことがきっかけでこういうことになったのだが、なにゆえ日本人は外からの評価(主に西から)にこうも弱いのであろうか。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-24 23:39 | 気になる言葉
さよならキャベツ
 カップ焼きそばに湯を入れ3分待った後、湯切りをしてから麺を見ると具のフリーズドライ・キャベツを入れ忘れていたことに気付いた時の寂しさといったら。

 昨今のカップ焼きそばでは消費者の手間を減らすため、あるいは個装に使用するプラスチック袋を減らしてゴミ減量に努めるため、湯で戻す必要のある具を麺の上に既にぶちまけている製品も多い。そうした手間の一つ減った製品に慣れてしまったためか、最初にカップ蓋を半分ほど開けてソースとふりかけをとり出す時に、同じように個装にされたキャベツを見落として寂しいカップ焼きそばの完成となる。

 実害はないが、別の食器に湯を入れてキャベツの戻るのを待つのも寂しいし、遅ればせながら戻したキャベツを既にソースとまぶした麺へと投入して再び混ぜ合わせるのも寂しい。そして遅れて混ぜたためかキャベツにしっかりと味が絡んでいないのがさらに寂しい。

 結局寂しい以上の感想はないのだが、これに匹敵する寂しさはカップ焼きそばに湯を入れ、規定の時間が過ぎ湯を捨てている時に蓋が外れて内容量の80パーセント以上を排水溝へと流してしまった時であろうか。
 仕方なしに残った20%へソースをかけてまぶすのだが、麺の量があまりにも減り過ぎているために味が濃いという弊害が起きる。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-24 00:02 | 雑記
そろそろ辞書に
「寝落ち」とは、作業を継続しておかなければいけない人間が睡魔に負け眠りこけてしまうことで作業の続行を不可能にしてしまうことである。主にコンピューターを使った作業、それもオンラインでの場面に使われることが多い。
 元々はコンピューターシステムが異常終了したり、動作停止状態となったり、コンピューター同士の通信が何らかの理由で接続が解除されたりすることを「落ちる」と表現したことから派生した言葉であるらしい。意図せぬ睡眠により作業が停止するのだから「寝落ち」なのだと。

 しかし今、手元にある大辞林第二版(1995年改定)によると、上記の意味での「落ちる」という言葉は載っていない。辞書は公共性・一般性という観点から掲載される用語用例を選ぶため、おそらく当時は技術関係の人間だけが多く使っていた、この意味での「落ちる」は載っていないのではないかと思われる。

 現在ではこの状況が変わっているのか定かではないが、そろそろ「寝落ち」も聞けば誰でも意味が分かるレベルになっている気がするので、どこかの辞書に載っているのかも知れない。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-22 23:38 | 気になる言葉
元の位置
 芸能人の起こした事件に対しての裁判のニュースを見ていたら、「元」という言葉を文章のどの位置に配置するかが非常に気になってしまう。
 説明すると

・元人気アイドル・グループのメンバー
・人気アイドル・グループの元メンバー

↑ということなのだが、位置を変えただけで意味が大きく変わったような気がする。
 前者ではグループが今では人気無いようだし、後者では今でもそのグループが人気ありだと表現しているようだ。

 実際のところ、すでに活動は休止しているのでどちらの言回しも正確には正しくはない。ただ、ニュースを見ている視聴者の多くは言回しが妙でも、前後関係は正しく把握しているくらい著名なグループなので特に問題は起きていないようだ。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-21 23:54 | 気になる言葉
育ちすぎのトカゲ
 爬虫類、たとえばヘビやワニなどといった生き物に恐怖心を感じることはないのだが、ペットとして飼おうとは思わない。
 エサが特殊だとか、懐いているかどうか分からない表情筋の少なさあるのだが、最大の原因は奴らが生涯を通じて成長が止まることがないというのが理由であろう。

 哺乳類や鳥類であれば、ある程度の成長段階に達すると成長が止まり、体重の増減はあるが体長などはほぼ変わらないということになる。しかし爬虫類はいくらでも体が大きくなり、成長が止まることがない。そのため長生きすればするほどデカくなり、飼育のための場所に憂慮することとなる。
 また、奴らの成長は栄養状態にも左右されるため、エサを多く与えれば与えるほどその体は大きく育つ。野生状態の爬虫類は常に潤沢な栄養状態に置かれているわけではないのでそれなりのサイズで収まっているのだが、飼われている爬虫類の中には現代の日本人の多くが採用しているような食事摂取の形態「一日三食」で養われているものもあり、そうした個体は短期間のうちに驚くほどのサイズとなってしまうことがありうる。

 そうやって大きくなった爬虫類のうち飼いきれないと判断されて捨てられる個体が少なからず存在するようだが、それはとんでもなく無責任な話である。最低限、飼育の前に動物の特性というものを知っておく必要はあるのではないか。

 現存生物ではないけれど、太古に実在した翼竜の一種ケツァルコアトルスは、化石が発見された翼竜の中では史上最大とされているのだが、その大きさはキリンとほぼ同じ大きさであったという。爬虫類のサイズの話としてはズレた話なのかも知れないが、奴らは条件に恵まれればこれぐらいまで育つかも知れないという例だと思って欲しい。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-21 00:32 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧