<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
上品からは程遠い
 トラブル回避能力を問う問題で「電車の中で携帯電話を使用し、大声で話をしている若者をどのように注意すべきか?」というものがあった。
 その時の模範解答は「みんなが君の話を聞きたいんじゃないんだよ」というもの。どうやら、この問題の製作者が実際に遭遇した品の良い紳士がこの言葉を発したらしい。

 しかし、多くの一般人がこの例に出てくるような台詞が似合うような品の良さを備えているわけではなさそうなので、この模範解答を有意義に利用することはなかろう。むしろことばの端々の気取った様子から、かえって事態をこじらせてしまいそうだ。
 そういうことで、オレの用意した別の模範解答は「君はそんなに個人情報ダダ漏れにして平気なの?」である。

 だが昨今は、携帯電話においては会話よりもむしろメールの利用の方が多いので、以前ほどは騒々しさは感じない。まぁ、携帯画面を注視し続けることにより周囲に対しての注意力が散漫になっている人間に対していろいろな意味での危うさは感じるけれども。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-30 23:56 | 雑記
横文字で何と呼ぼうが、草は草
 草むしりなどをしていたが、そこら中にスイバが生えていていろいろと考えた。

 スイバは通常の感覚では「雑草」に分類される植物である。しかし、目新しい食材を取りそろえるようなスーパーなどでは「ソレル(英語)」「オゼイユ(フランス語)」などの名でサラダ用青菜として売られているのだと言う。
 何でも横文字にするとありがたいような気がするらしいが、まさにその辺に邪魔なほど生えている草なので金を出して買う気になれるかどうか。

 ともかく喰うか喰わんかは別として、せめて「シュウ酸が多く含まれているため、生食する場合は量を控えること」くらいの注意は欲しい。目新しいものだけに、注意の必要な事柄についてはキッチリしてくれないかと思う。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-30 00:04 | 雑記
信じちゃ駄目だ
「プードルを買ったつもりが、実は羊だった詐欺」という話を聞く。
 おそらくは都市伝説の類いだろうが詳細は以下の通り。


ネット通販でプードルを購入した人がいる。
しかし贈られてきた犬は吠えず、またエサのドッグフードも口にせず、日に日に衰弱してゆく。

心配した飼い主は犬を動物病院に連れてゆき、そこで衝撃の事実を知らされた。

「御宅のペットは羊ですよ」



 エイプリル・フールのネタとしては良くできていると思うのだが、中には本気にしている人間もいるようで少々注意を喚起しておこう。

 ただ、この噂話が受け入れられる素地というものは考えておいた方が良い。
 昨今のペット・ブームのせいで高額で取引される動物、知識も責任感もないのに「可愛い」という理由だけで動物を購入する無責任な飼い主、巧妙に消費者を騙そうとする詐欺業者への不信感、それらの要素が渾然一体となってこの話が成立しているのだろう。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-28 22:41 | Web上の出来事
畳バリケード
「畳の大きさを規格化したのは織田信長」という説がある。
 しかし京間や江戸間などのように、今でも日本各地で畳のサイズが異なることを考えるとどうやら疑わしい説であるようだ。

 むしろ畳の長い方の長さ「一間(いっけん)」という単位が、家屋の固定資産税を算定するための基準として使用されるようになり、それにより自然と畳のサイズが決定したと考えられる。
 また単位というものは税の基準となる場合、より多くの収税を計ろうとする為政者によってかなり都合よく変えられてしまうことが多い。そのためこの一間にしても、時代や土地によって異なる。
 だから実際のところ、畳の大きさを戦国時代に規格化したとしても、その後にだいぶ変化してしまい現在まで同じサイズを利用しているとは言い難い。

 とはいえ室内で敵に襲われた時に備えて、畳を立てることにより即席の防壁として利用することは想定していたようである。人間一人が陰に隠れるには充分なサイズであり、弓矢・鉄砲も貫通させづらい厚みを持つ。
 ただし、そういうことは織田信長以外にも考えつく人間があってもおかしくはないことだ。一概に「信長」といい切れるものでもない。

 革新的な思考や進歩的な技術は、無名の何者かによって考え出される事が多い。それが伝えられてゆくうちに、皆が知るビッグネームが足され、他所の土地に伝わる気の利いた説話が足されして成長してゆくものだ。
 この畳の逸話も誰かの頭で「刀や鉄砲→戦国時代→織田信長」というキーワードが繋がった末に生まれたものだろう。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-27 23:25 | 理系
正体不明
 春菊とヒマワリの種を蒔いた場所を毎日楽しみに見張っているのだが、そんなときにそばに見覚えのない木が生えてきているのに気付く。高さは40センチほど、つやのある細長い葉がついている。

 今まで気付かずにいたが、気付いてしまうと目立って仕方がない木であり、そうなるとどんな植物か知りたくなる。そして、いろいろと家中にある植物図鑑を引っ張り出してしらべるが、よくわからない。

 そうこうしているうちに、ぼんやりと思い出すがどうやらその場所に何年か前に果物のライチ(茘枝)の種を植えたような気がしてきた。ライチの種はかなり大きな物なので、食べ終わって残っていた物を何の気なしに植えたのだった。
 そしてそのまますっかり忘れていたわけだが、日本の樹木を調べても正体が分からないため、いよいよライチのような気がしてくる。

 確かに、あの種を植えておくとかなりの確率で芽が出てくるという報告がある。しかし、件の木がライチであったとして、屋外に放置しっぱなしで今まで何事もなく成育してられるかどうかという疑問も生まれてくる。
 それを確かめるためには、今年のライチの時季に同じように種を蒔いて生えてきた芽を比較してみるべきだろう。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-26 23:42 | 日記でしかない
シワシワ千円札
お年玉にも使える! お札で折る「おとなのおりがみ」 | Excite Bit コネタ

 買い物をして釣り銭をもらったら、その中の千円札の一枚が異常にシワシワだった。ものすごく気になったので、折り目を観察してみたら普通の折り目ではない様子だ。
 小型の財布を好み、それに入れるために紙幣を小さく折り畳んで、その結果として折り目が数多く残る紙幣は頻繁に見受けられる。しかし、そういうのとは違って、二つ折りにするにしても折り目は中央を通っていないし、斜めの折り目が全体にジグザグと走っている。

 気になって、残っている折り目通りに紙幣をもてあそんでみたら「レインボー千(千円札だからね)」が出来上がり。流行っているんだな『おとなのおりがみ』

 だが、折り目が付いた紙幣が出回っているということは、一回折り上げた物を誰かがほぐして再び紙幣に戻したということでもある。その状況の物悲しさを想像すると、涙を禁じえない。ノリで折ってしまったは良いけれど、やはり千円札は額面通りの価値でしかない。

 ちなみに問題の千円札はその後、飼い犬の狂犬病注射の代金として使用した。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-25 22:52 | 日記でしかない
日本人はアンケート好き
 いろいろと話題となっている全国学力テストだが、学力を測るテストと同時に、家庭での教育環境を炙り出すためのアンケートも同時に行なわれたようだ。
 アンケートなのに個人が特定できるシステムであることが問題視されているようだが、むしろアンケートの設問から「いかなる家庭が成績優秀の子を産みだすか」というステレオタイプが見いだせるのではないか。

「一日にTVをどれくらい見るか」「家に何冊本があるか」という設問内容をみれば、テレビが悪者で活字はOKという教育者どもの先入観が見て取れる。

「そんなものよりマシュマロ・テストじゃねーの?」と思うのだが、マシュマロ・テストを知らない人の方が多そうだからなぁ。


 また全国の自治体で唯一、全国学力テストの実施を見合わせた愛知県犬山市のニュースを見ていたら「平常通りの授業が行なわれた」とナレーションされたが、例外であったためか各テレビ局の取材が殺到していたようで、到底「平常どころではなかった」だろう事は推測できた。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-24 23:42 | 時事
「餅」という字は画数が多い方かな
 トーク番組でゲストの御宅拝見的なコーナーでのこと、キッチンで洒落たデザインの調味料入れをいろいろ撮影していた。そのVTRをスタジオで流し、MCや他のゲストと共に見ている。見ながら、自宅を撮影したゲストが「アメリカ製なので、日本にないデザインで気に入っているんです」と。MCが返して「ホント、中身に何が入っているか英語で書いてあってカワイー」

「英語がカワイー」と思う感性は、成熟している人間として適切かどうか疑問である。英語で感動するのは、おそらく背後に英語コンプレックスが隠れているのだろう。
 しかし、彼らが劣等感を感じてやまない欧米の最近の流行の中には「漢字をデザインパーツとして活用する」というものがあるのだが。

 いわく「漢字 is COOOOOOOOL!!!」なのだそうで、特に画数が多く複雑に見える漢字ほど喜ばれるという風潮なのだそうだ。で、意味は二の次。そのため形がかっこいい文字をTシャツにプリントしたりタトゥーとして身体に刻むが、往々にして意味がアホであることがあるためトホホな事態となってしまうことも多い。

 少なくとも、アルファベット文化権の人々にとっては、漢字を言語として使用できることは驚嘆に値することに属するようなので、いたずらに英語コンプレックスばかりを増幅させるのは止めた方が良いのでは、と思う。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-23 23:25 | 気になる言葉
「普通」は飽きた
 いろんな事がダルかったので、ジグソーパズルを組んでみることにした。252ピースの小型の物で、以前に一度組んではみたが飾るほどの気合いもなく、分解して箱に突っ込んであった物を引っ張り出す。
 ただ組むだけだと、小型の物だけに30分もあると完成してしまいなおさらダルいので、裏返しにして絵柄を見ずに組んでみることにした。

 始めてみると、難易度は上がるが何とかなるレベルである。外枠を1時間ほどで完成させ、さらに1時間ほどで20ピースほど嵌め込む。
 ピースの出っ張りが左右どちらかに偏っているとか、角の部分が撫で肩・怒り肩という特徴を見極めれば、意外に嵌まっていくものである。図形認識能力を要求されるが、普段はそれほど意識していない能力だが、鍛えれば何かの役に立つ日が来るのかもしれない。

 少しずつ残りのピースは減るので、完成までに後3時間ほどかかるだろうと見込み、所要があったので席を外した。

 そして帰宅したところ、途中のジグソーパズルは元通りのバラバラに粉砕されていた。「犯人はヤス」ではなく、おそらく猫。

 悔しいので、もう一度最初から組み直そうと思う。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-22 22:45 | 日記でしかない
芽時
 そろそろ種まきの適期となってきた。わずかばかりだが自由になる地面があるため、そこに春菊とヒマワリの種を蒔いた。

 春菊は生長後に食用にしても良いのだが、春先の既に暖かくなっている時季に蒔いたため、とう立ち(薹・葉野菜が食用の適期を過ぎ、花芽を付けてしまうこと)しやすくなるのが難である。しかし春菊の花は、キンセンカを地味にしたような花が咲くため、食べられなくとも切り花になる予定。

 ヒマワリは、園芸用の種ではなくハムスターの餌用の物を流用した。ともかく量は大量で全てを蒔き切るのは不可能な気がする。これを既に作業終了の予定地と、あとはゴミのポイ捨てが度々起きる場所に蒔くことに。真偽のほどは知らぬが、花が生えていると不法投棄が減るという実用的な理由で、手間のかからず巨大で目立つヒマワリが良いのではと思ったから。

 でもまぁ、嫌な思い出もある。
 一昨年、道路から見える地点にロシアヒマワリ(花が巨大な品種)を蒔き、見事に巨大な花が咲いた。その後、翌年用に種を収穫しようと花を放置していたら、収穫直前に何者かがヒマワリを首から切断し全て持ち去ってしまったということがあった。
 種用には20粒もあれば良かったが、気付けば何も無しということで怒るというか、呆れるというか。

 そんなわけで、昨年はミニヒマワリを鉢に大量に作ったが種が出来ないのはつまらなかったので、大きいヒマワリに再挑戦することにした。それこそ1本2本盗まれようが惜しくないように複数箇所に分散して育てようと思う。
[PR]
by muzina-giku | 2007-04-21 22:49 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧