<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
はやり言葉も良し悪し
 一人さびしく局地的言葉狩り。要は頻繁に使用されているけれどオレにとっては耳障りだという言葉を挙げているだけである。

 俗に見栄えがよく女子に人気が出そうな男子のことを「イケメン」と称するが、この言葉が嫌いだ。
 イケてるMEN(男)を省略した言葉だというのは分かるのだが、くだけた日本語と英語を組み合わせた造語というのが、往年の「ナウい」を想起させてものすごく嫌ぁ〜な気分に突き落としてくれる。

 他ににたような物を挙げたらキリがないだろうが、なんというかそこはかとなく80年代の軽薄で雰囲気優先といった匂いがする気もする。



 そんなことを「あかりをつけましょ ボンボヤージュ」というキーワードでググっているヤツに言われたくはないのかも知れない。
 しかし、このキーワードで一件ヒット(2006年2月28日現在)したので、同じ事を考えているヤツは他にもいるという事で安心した。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-28 22:41 | 気になる言葉
三人よれば文殊の知恵、ではないらしい
 3人で並んで写真を撮ると、真ん中の人が早死にするなぞと言われている。単なる迷信なのだが、これについて過去にいろいろあったのだ。

 友人同士で遊びに出かけた時、そういった3人で写真を撮るという状況になった。
 で、その時に一人が前述の「真ん中・早死に」の話を持ち出して、端を取ろうと必死になり、別の一人も「早死には嫌」と並び順を変えようとなり、もたついた。
 オレは写真写りが悪いので、写真を撮られること自体が嫌いであり、どうせ嫌いなことならばさっさと並んで、ちゃっちゃと撮っちまえばいいんじゃないかと、状況に流されるままに真ん中に。

 些細な事だが、神経に障った出来事である。
 別に迷信を信じようが実害が出なければいいのかもしれないが、この場合は「自分は早死にしたくないからお前が真ん中に行け」と言っているのに等しいのではないだろうか。
 信じているわけでも無いのでゴチャゴチャと蒸し返す事もあるまいと思うが、それでも要らん事にこだわらずにサッサとやるべき事を片づけてしまう方がスマートであろう。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-27 22:45 | 雑記
界面活性
 治りかけの風邪、といっても少々タンがからむ程度の咳が止まらないとまではいえぬレベルなので、去痰薬を使用。
 取り扱い説明書を読んだら、どうやらサポニン配合の薬のようだ。

 サポニンという成分は界面活性作用があり、その働きによって粘液状のタンを切れやすくするという物らしい。

 しかし普通、界面活性剤といったら思いつくのは石鹸の類いなのだがな。
 植物でこのサポニンを高濃度で含む物、たとえばムクロジやサボンソウのように実際に洗濯に用いられた植物もあるので、連想としてはそれほど間違った物ではあるまい。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-26 22:50 | 理系
正しい実験&正しい統計
 理科と算数が出来ないやつというのは往々にして存在するようだが、それが「情報番組」と称しているTV番組だったらどうしようか、と。

 健康に良い食品が紹介されると、翌日からその商品が店頭から消えるということがしばしば起きる。
 番組において、実験が妥当な条件で行なわれているようには思えないのだが、それでも視聴者の多くがそれを信じているということが驚きである。

 理科の授業に習った「正しい実験の行われ方」では、調査するグループだけでなく、対照実験として比較するためのグループも用意しなくてはならないのではなかったか。
 そして心理的な要因が実験結果に影響してくる割合も見越して、統計学の助けを借りて調査人数を決めるべきではなかろうか。



 ともあれこの手の番組には常に戦々恐々としているのだ。
 毎日に近いくらい摂取しているような食品なり、愛用の物品が紹介されると、次の日から入手が途端に困難になってしまう。

 オレはコーヒー党だが、某番組で「コーヒーがダイエットに効く」と放送された時にはそれはそれは心配したものである。
 しかし、この時には番組自体の出来がナニだったので、コーヒーが消える事態には至らずホッとした。
 さすがに豆で入れるのは面倒くさいと感じたのだろう。毎日やっているとそれほどではないのだが。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-25 23:30 | 理系
かといって、頑張ったのは本人だ
 ほんの一週間前には、フィギュアスケートの練習に励む子供たちを画面に映し出しながら、「未来のミキティ、真央ちゃんを目指す子供たち」とナレーションを付けていたわけですよ、TV局などは。
 確かにあの業界は、数字に支配されているわけで、数字を稼ぐためにはより話題性のある選手を取り上げるのは分からないでもない。

 しかし、つい先日まで五輪代表であるとはいえ3人の代表選手の中では最も最後に紹介されていた選手が金メダルを獲得したのである。
「参加することに意義がある」と大義名分を掲げながらも、やはりメダルという形のあるもの、勝利の象徴として耳目を集める物体の威力はすさまじい。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-24 22:40 | 時事
ネタ化する日常
 自転車操業だと意味が違うのかも知れないが、ずーっと必死にこいでいないと止まってしまうブログっていう意味ではふさわしい言葉だろう。

 要はモードの切り替えの問題なのである。
 ネタ探しのためにアンテナを立てて、書き出しやら構成やら考えたり。そういう方面のスイッチを常に入っていないとダメな性格のようだ。

 一度、サボるとスイッチを入れ直すのに2,3日余分にかかるような気がする。
 自分に得になるような事は、おそらく後で読み返して目に付いた出来事の時系列がだいたい分かるという程度の事ぐらいしかない。
 それなのに、日々の生活を「ネタとしてどうか?」という視点で見ている、というのは我ながら面白い。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-23 23:19 | 日記でしかない
胡散臭くてスミマセン
 Yahoo!検索で「胡散臭い」を検索すると、上位に有名政治家や大手ビール会社のサイトが上位にヒットするという事が起きていたようだ。
 問題となった上記のサイトはすでにこの検索キーワードではヒットしなくなっている。しかし、該当の検索サイトで「胡散臭い」サイトを辿ろうとしてキーワードを入力すると、このブログが検索結果の上位に表示されるようだ(2006年2月22日現在)。

 おそらくその「胡散臭い・政治家サイト」がネタとして貼られたせいなのだろうが、このブログの訪問者数が一時的に普段の5倍くらいになってしまっていた。

 バカな事を書いてどこかにURLを貼られたかと思ったが、原因が分かって一安心である。確かに過去に「胡散臭い」という言葉を使用した記憶があるしね。
 出来れば「面白い」と思ってもらってアクセス数が増えるのならばいいが、こういうのは単純に「とばっちりを食らった」という感じなのだろう。まぁ、ネタになったから良いけどさ。

 そういうことなので当ブログは大変に胡散臭いブログであり、そうしたブログを運営している管理人であるオレも相当に胡散臭い人間であるという事なのか。
 なんにしろ、あまり嬉しくねぇよ。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-22 20:39 | Web上の出来事
当然ながら鈍器使用は禁止
NYで枕投げ大会が人気急上昇中! | Excite Bit コネタ

 ニューヨークで枕投げ大会が人気らしい。ブログや携帯メールなどで日時と場所、枕持参などのルールを提示して、各自集合というスタイルで参加者を集めるようだが、毎回500人をこえる人間が集合するという。

 日本で「枕投げ」といったら、修学旅行になるのだろうが、最近は禁止している学校が多いようだ。

 しかし、もっと声を大にして宣伝しておかなければならないのはWikipedia内の「枕投げの項」であろうか。
 ものすごく充実というか、何だかかなり長大である。ある種の球技のルール説明のようでもあり、所々で事細か過ぎる説明が入れることによっていくらか笑いを誘うような箇所もある。
 というわけで、話の種として一読することを強く勧めておきたい。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-21 22:48 | 雑記
なんともみっともない
 こじらせてはいないが風邪気味だ。

 鼻から水っぽい何物かが垂れて垂れて困るので、両方の鼻の穴にギッチリ詰め物をしている状態である。
 ブログもビジュアル・オフで良かったね。とうてい他人に見せられる姿ではないのだが、努力して水分を抑えられるわけではないので仕方ない。
 口でスーハー息をしながら、ときおりツーッと液体が重力に従って地球の中心方面に垂れてゆくのを感じる。
 難しい言い回しをしたって、単純に鼻水が出ると言っておけばいいんだけどね。

 こういうことがあるから、製造はされているのにテレビ電話が普及しないのであろう。
 電話というのは受信する側の都合は考えずに通信を請求することの出来るシステムである。
 両鼻ティッシュに限らず、風呂中トイレ中、化粧の途中で眉毛が片方しかない、暑くてパンツしか穿いてないような状態でも、情け容赦なく電話がかかってくる時がある。
 で、音声だけの通信であれば、精神的な影響はひとまず置いておいても見た目のみっともないのは誤魔化せるのではなかろうか。
 しかし画像がついてくるとそうは行かない。そうした状況に備えて、いつでも身なりはビシッとしている人間は少数派であろう。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-20 22:59 | 日記でしかない
めりこんでいる
 最近の流行りなのか、自動車のフロント部分のデザインでバンパーやボンネットを少しへこませてエムブレムをその凹み部分にぴったりと埋め込んだデザインが増えたような気がする。

 しかし、そのぴったり嵌め込んだ感じが、素人目に見てなのだが、いかにも「デザインしました」という押しつけがましく、またコンセプトの押し付けっぽくて余裕がないイメージである。まぁ、あくまでもオレの個人的意見だが。

 だが、そうやってエムブレムで、パンパーやボンネットが凹んでいる車を対向車線からチラッと見ると、どうしてだか電柱に向かって真っすぐにケンカを売った人みたいだ。
 チラ見なので、ぶつけて凹んだのとデザイン的な凹みとの区別がつかないのである。

 そうしたキチンと乗っているのに、事故車のように見える車として、筆頭なのがメーカーは伏せるが某イタリアの自動車メーカーの製品。フロント部分が楯型というか逆三角形というか、そういう形に大きくバンパーが削る取られているゆえ。
[PR]
by muzina-giku | 2006-02-19 16:24 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧