カテゴリ:雑記( 935 )
おとなめがね
 かなり前から使用しているメガネのフレームのブランドが気になって調べてみることに。ブランドというか、購入した店の独自モデルなのだと思うけれど、その店自体が今はなくなってしまっているので、物自体の実態(生産国やら材質やら)を知るにはネットの力を借りるほかは無いけれど。

 結論として、眼鏡自体のことはちっとも分からなかったが、眼鏡のツルに記された「3D Evolution」というモデル名と同じアダルトビデオのシリーズ名があることが判明する。3Dテレビに対応した立体的に見える成人向け作品である。

 あのテの作品で立体的に見えるとなると、どうしても胸部を強調した作品になりがちなのだが、自分は特におっぱい星人ではないのでどうしたものかと。むしろ出っ張りとはベクトルが逆方向のくびれのほうが好きなんだがなあ。
[PR]
by muzina-giku | 2013-07-30 23:34 | 雑記
誰も笑わない
 ある日、家族でTVを見ていたところ、途中コーナーでお笑い芸人が出てきて馬鹿騒ぎをはじめる。で、番組に出演者はそれを見て爆笑するのだが、我が家の構成員は誰ひとり笑わず。家族なので笑いのツボが同じなのは理解できるのだが、笑いのツボではない部分も同じなのは衝撃的であった。

 なんかの研究だかで、知能指数が20違う人間同士は会話が成立しないというのだが、上記の笑いのツボ問題を見ていると分かったような気がする。頭のいいやつはそうした笑いについて、どこが面白くてどこが駄目なのか説明して相手の理解を得ようとするが、そうじゃない方はその説明を聞いてもわからないし、難しい話を最初から聞く気もない。そんなことを繰り返すうちに、コミュニケーションが破綻してしまうのだと思う。

 たかが笑いのツボの話だが、背後に隠れているのは意外と大きな問題なのであろう。そもそも同じ物を見ていても反応が違う相手というのは、互いの気持ちを理解するのが難しいのだから、その後の関係を発展させようという際に大きな苦労を伴いそうだ。
[PR]
by muzina-giku | 2013-04-08 23:59 | 雑記
今年は浦和だった
Jリーグ、今季のデスゴールが浦和相手だったということで、話題になっているところ。日本サッカー界に存在するジンクスの中では、今最も有名なデスゴール伝説なのだけれど、今年もそのジンクスが本当になってしまうのか定かではない。でも、有名ジンクスだけに怖いよなあ。

 まあ、自分は名古屋ファンであるので、生暖かく「うん、ジンクスじゃん、都市伝説じゃん、落ち込むなよ」と声をかけるばかりだが、なんだその頑張れ。

 しかし今年はこのように前田今期初ゴールが発生したわけだが、例えば負傷による長期離脱とか発生してゴールが一向に生まれない年なんかはどうなるのだろう。また、「磐田に前田がいる限り、磐田は安泰?」という話もあるが、サッカーには自殺点というルールがあってだなあ、その場合どうなるんだ?

 ともあれジンクスについては今季終了までの結果待ちとなるので、それまで変な視点から浦和に注目しておきたいと思う。
[PR]
by muzina-giku | 2013-04-07 00:10 | 雑記
意外と金かかるのよ
 中世ヨーロッパでの戦闘についての議論で、重装騎兵最強説という話が出現したことがある。曰く全身が金属鎧に覆われた馬と人だから生半可な武器では傷がつかない、また馬の機動力で歩兵を蹴散らすといった具合である。

 だが現実的には、重量が重すぎてほぼ走れないというとのことなので、機動力は考えてはいけないいらしい。また英仏百年戦争時のアザンクールの戦いにて、耕したばかりのムギ畑で前日に降雨があったため、ぬかるんだ泥に沈み込み重装騎兵が立ち往生という事態も起こったので、最強とは言いがたい。そして機動力のないがゆえ馬の真下へと歩兵が潜り込み、前肢の付け根辺りに位置する馬の心臓を直に攻撃する方法も非常に困難だが不可能とはいえない。

 つまりは防御力を重要視しすぎて、機動力を生かせぬということなのだけれど、戦闘スタイルの異なっていた中世だからこそ成り立っていた兵種である。なので現代の戦争においては「重たいだけの的(まと)」扱いなのだろうけれど。

 そしてまた騎兵用の馬の維持費というのが馬鹿にならぬのだ。現代の金額に換算してはおかしいのかも知れぬが、たとえば馬術競技のように特殊な訓練が必要な馬は一説によると一頭で年間800万円ぐらいかかるのだという(米ドルでの話を計算した金額なのでレートで変化するが)。しかも使用法が過酷なので、戦場へ赴く際には予備の馬も欲しいところ。また戦闘以前には馬を疲労させぬため、鎧を運搬するための荷車などを用意すれば、それに関わる荷馬や人員、食料なども余分にかかる。なので重装騎兵を維持するには年間三千万円以上を費やすと見込まないといけないそうな。

 現代の金額価値での話なのだが、またそれ以上に騎兵用に馬を繁殖することを考え始めると、より以上のコストがかかることが見込まれ、ああいう重装騎兵はまさに裕福な特権階級のものであることが理解できる。なので例え数多くを望んでも、そんなには戦場に出現しないことがよくわかる。で、少ない重装騎兵では前線での壁効果も薄いだろうから、見掛け倒しということにもなりかねなかっただろうなと、結論づけてみる。
[PR]
by muzina-giku | 2013-04-06 00:23 | 雑記
非実在存在を堪能すること
 昨日は4月1日だったためジョークサイトが乱立し、ネット上のあらゆる情報を信じて良いものかどうか非常に迷う一日となっていた。ただその場合であっても、それが一見してジョークであるとすぐ分かるサイトであれば笑ってやり過ごせばいいし、逆に真偽がいくら調べても分からぬようなものは無視すればいいのだとは思う。

 春の陽気に脳内が非常に調子こいており、妄想が非常にはかどって実弾が要らない状態である。なので昨日のようにジョークが乱立していても、眼に入らないという具合であった。まさに幸せは我が胸のうちに有りというわけである。

 しかしそこまで妄想がはかどると、この絶好調を何とかして貯金して後日に活かしたいと思うじゃないか。別に綺麗に整理しなくとも良くて、かけらでも記憶に引っ張りあげられれば思い出せるので、箇条書きを大量製造というわけである。

 嘘も妄想も「真実でない」という意味では通じるところが在るけれど、皆を巻き込む方向へ全開になるのと、個人的で密やかな方向へ全開になるのとではベクトルは逆方向である。まあヤバい妄想に関しては、死ぬ気で実社会へとは逃さぬ方向で努力しなくてはいけないので、密やかに見えて裏では非常に労力を費やしているものだけれど。
[PR]
by muzina-giku | 2013-04-02 23:13 | 雑記
『裸体三部作』なる物
NHK・BSプレミアムにて、大正昭和にかけて撮影された動画を紹介する『ムカシネマ』なる番組をザッピングがてら見てしまったのだが、その番組中に紹介された『裸体三部作』なるものにぶっ飛ぶ。

 この作品、動画撮影を趣味とする一般の方による作品らしいのだが、その内容はどうやら芸術的な裸体表現を追求したものらしい。でも思い入れのない他人にとってはエロ動画だよなあ。また撮影年代は満州事変前後とのことなので、このころから日本人は撮影機材を手に入れるとポルノグラフィー的なものを撮影する性癖を発揮することも判明だ。

 まあNHKなので放送されたのはごくマイルドな部分だけだと思われるのだが、それでも「海女が身につける水泳着」として被覆面積の極小な黒猫ふんどしが登場してきたのは、少々感動さえする。性的劣情を引き起こすのが目的の成人向け映像作品において、実社会ではありえないようなマイクロな被覆面積を誇る衣装の数々が登場することがあるが、たぶんアイデアとしてはその辺と同じ目的であろう。

 そういうわけで、我々日本人は妄想の分野においては戦前からそれほど変化していないと思う。また、この記事を書くにあたり「黒猫褌(ふんどし)」をネット検索したところ、主に画像検索が【閲覧注意】になっていることを附記しておきたい。
[PR]
by muzina-giku | 2013-03-30 23:39 | 雑記
テトリスの長い棒みたいな物
 イメージとしてアイデアは空から降ってくるような感じがするけれど、そのイメージをぼんやりと広げていたら、テトリスのブロックが落ちてくるイメージに変化する。

 まあ、あれだって高得点となる4列消しに必要な長い棒状のブロックは滅多に落ちてこないものなので、その他雑多な形のブロックを棒状のが来る前まで綺麗に積み上げる必用があるのだが。雑多な奴らを適当に積むと、長いのが来た時にきちんと消えないので、実は引きが良くない時に地道にやる必用があるのだろう。

 でも運の問題で、大して積み上がってない時に棒が来たりもするし、綺麗に積み上がっていても棒が来ない時もあるし、いつでも巧くいくわけではないけれど。けれどブロックを処理するのを習慣づけておく方は、4列消しには必要な技術なのだと思うが。
[PR]
by muzina-giku | 2013-03-24 23:41 | 雑記
だいたい5,6キログラム
 昔、「生首の重さ」でブログのネタをひねり出したことが在るけれど(2008年4月24日『重さの量りづらい物』)、そのせいかそのキーワードでネット検索に引っかかることがあるらしい。創作をしている人などで、このあたりのリアリティを増すために検索をする人がいるのだろうかと予想しているのだが、どうだろう。

 以前調べた時には体重の10%程度で5から6キロ程度という結論だったのだが、これは日本人の平均体重から導き出したもので、一回り体格の大きいアメリカ人ではもう少し重いかもしれない。しかし、あちらの方では生首の重さを表現する際に、ボーリング球の12ポンド球、あるいは13ポンド球などと書いたりするらしくこれは5.4キロから5.9キロぐらいなので、5,6キロ説と矛盾しない。

 でも太っている人では、後頭部に脂肪のひだが出来ていたり、二重あごなんかで、痩せた人よりも余分な重みがついていそうなので、その辺を表現に加味したほうがよさそうなのかもしれない。その場合似たような大きさの豚バラ肉の塊で重さを類推するべきか。

 また歌舞伎の演目『義経千本桜』の鮨屋の段では、鮨桶に入れられた金三貫目と生首を取り違えるという筋になっているが、この時の三貫目というのが重さの単位で約11キロぐらい。生首5キロと較べると明らかに重いのだが、かつての首実検の作法(化粧を施したり、首板に固定したり)を踏襲すると余分な重量が追加されてしまうのだろうか。
[PR]
by muzina-giku | 2013-03-23 00:26 | 雑記
落ちてくるアイデアを待ち続けること
 日々いろんなことを考えながら暮らしていると、何年かに一回かの割合で空から次々とアイデアが降り注ぐ期間というのがある。そう始終には無いことなので、大慌てでアイデアを掻き集めるわけなのだが、体調などの関係でどうしても取りこぼしてしまうこともある。そして、拾えなかったアイデアを嘆き、精神的に落ち込んでしまったりもして。

 まあ、アイデアが降ってくるだけありがたいので、拾えたものを練り込む作業に入れば良いだけの話なのだが、逃した魚はどうしても大きく見えて仕方ない。しかし、次回の確変フィーバーはいつ来るのかはわからないので、今はあるだけを何とかするべきなのだろうけれど。

 どのみち、そういったアイデアが落ちてくる期間を逃さぬように常に体調を整え、心構えをしておくのが大事なのだろう。しかしそのように体調を整えるような心の余裕があるのならば、空からのアイデアをじっと待つのではなく、むしろ動きまわって周りに落ちているアイデアを拾う努力をするほうがいいような気もする。
[PR]
by muzina-giku | 2013-03-19 00:43 | 雑記
Jリーグ開幕と言ったらあのジンクス
 現在サッカーJリーグ最大のジンクスといえば、ジュビロ磐田に所属する前田遼一選手が、シーズン最初に得点を上げた相手チームがシーズン流量後に降格の憂き目に合うという、通称「前田のデスゴール」であろうか。

 ともかく6年連続、このジンクスは発動し続けているので、今年もどうなることかと開幕戦のカードを調べてみたところ、我が名古屋グランパスなのだよなあ。得点を奪われなければどうということはないのだが、しかしジンクス怖ええなあ。

 といっても、得点を上げた相手チームと言って、自殺点の場合はどうなるのだろうと疑問を感じぬではない。この場合、自チームが降格するのかあるいは対戦相手が降格なのか、確かめるにはそういう状況になる必用があるのだが、そこまで都合のいい事は起きないと思うけれど。
[PR]
by muzina-giku | 2013-03-02 00:24 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧