カテゴリ:聞き間違い( 4 )
這いずる物ども
 たまに集中力を切らしている時に馬鹿な聞き間違いをしてしまうが、今日は温泉施設を紹介するラジオ番組で「8種類の湯」と言っているのを「爬虫類の湯」と間違えた。
 おそらくは湯の中にヘビやトカゲ、ワニやカメが泳いでいる入浴施設なのであろう。効能は「一昔前のバラエティ番組では定番だった」というようなものだろうか。

 ちなみにヤモリは爬虫類だが、イモリは両生類なのでこの湯に入れない。また少し前には「爬虫類の一種」として紹介されることの多かった恐竜も、近年では様々な新しい学説が紹介されるようになり、羽毛を持つ種類・恒温性を備えていた可能性などが議論されるようになると爬虫類という枠組で論ずるのが正しいのかどうか。

 とはいえ、「爬虫類の湯」は聞き間違いから生まれた妄想の産物であるので、生物の分類についてクソ真面目に論ずる意味はないような気がする。
[PR]
by muzina-giku | 2007-07-17 23:57 | 聞き間違い
10%に満たない
「数パーセント」と「スーパー銭湯」という言葉は、語感が非常に似ているが内容はまるで違うものである。

 コンピュータを使用して時間のかかる処理をしていたが、あまりに時間がかかり処理の進行状況を示すステータスバーが、見た目で変化しているのかどうか分からないほどゆっくりと伸びていたのだった。
 そのままではヒマなので、部屋を移動し家族が話をしているところへと入っていった。ちょうど風呂の話をしていたらしく、エステやフィットネスなどが併設された入浴施設の話題となる。
 そこで「スーパー銭湯」という単語が出てきたのだが、その直前にコンピューター画面上の、処理済みの分量がいつまでも一桁台であるステータスバーを注視していたためか、その単語が脳内で「数パーセント」へと変換される。




「長い時間、風呂に浸かっているのが好きで2,3時間は半身浴をしている」という人々の話を聞くのだが、風呂を10分で済ます自分は理解に苦しむところである。
 半身浴は体温が上がらないようにぬるい湯にするものだが、その「ぬるい」というのが嫌い。また風呂ということで、長時間裸でいるというのがいろいろと心許なくて良くない。

 ただ昔、真冬に1時間ほど風呂に浸かり続けたことがある。その日の湯は非常にぬるく、冬なので浸かり続けるうちにどんどんと熱が逃げていったのだった。
 冷えてゆくのなら暖めてゆけば良いが、我が家の風呂は追い炊きの出来ぬタイプで暖めるためには外部にあるボイラーで炊いた湯を湯船に足してゆく必要がある。間の悪いことに、その時間は既に深夜となっており最後の入浴者であるオレ一人のためにスイッチをつけるのはもったいないからとボイラーのスイッチを切っていた。そして温水の方の蛇口からはぬるいを通り越し、冷たい水しか出ない。

 その状況を打破するには寒いのを我慢しボイラーのスイッチを(裸で)入れに行くか、ぬるい湯で頭やら身体やらを洗ってさっさと入浴を済ませるかしかない。しかしぬるい湯で身体が冷える一方、外気温が非常に低くて濡れた身体で歩くのはたいそう辛い状態であった。
 どちらかを選びかね、迷いつつもどんどんと冷えてゆく湯船に浸かりながら結局は1時間ばかり時間を無駄にすることとなった。温水を足して暖めるにもまた時間が必要だからと、初期状態よりもいっそう冷めた湯で身体などを洗い、その後は布団に潜って湯たんぽで身体を暖めた。
[PR]
by muzina-giku | 2007-07-01 23:44 | 聞き間違い
文の王
 文房具メーカーのゼブラ株式会社の社名は、ゼブラことシマウマが漢字で「斑馬」と書くこともあり、「文(具)の王を目指す」という意味から名付けられた社名だという。またシマウマが群れで生活し、団結力があるということも加味されているようだ。

 そのゼブラ製品のCMで、伝説となっているのが「右に回すとシャープペンシル、左に回すとボールペン」のシャーボである。どれほど伝説的だったかと言うと、その当時の入学祝いや就職祝いの品の定番として、それまでの定番商品・万年筆の売り上げを一挙に抜き去ったぐらいインパクトを持っていた。また、この商品のヒット以降、学校などで利用される筆記具としてシャープペンシルが一般的に用いられるようになったと記憶している。


 なぜこんなところでゼブラ株式会社のことなど書いているのかと言うと、任天堂より販売されているTVゲーム・シリーズ『ゼルダの伝説』を、「ゼブラの伝説」と聞き間違えたという小さな事件がきっかけだったりする。
[PR]
by muzina-giku | 2007-06-24 00:08 | 聞き間違い
続きは
「この『デブ猫回収』って、インターネットで見られるの?」と、少々機械文明に疎い家人に訊かれる。

c0041164_23185190.jpg


 うちの子自慢のようになってしまうが、↑デブ猫(フクコさん,推定年齢5歳8ヶ月,体重6.5kg)というのはこんなのか?こういう猫を重いと言いながら回収する動画が企業サイト上に存在するのか、と疑問をもつ。

 しかし、聞き返してみると「ウェブで公開中」と言っていたのが、発音が適当だったので「デブ猫回収」に聞こえただけらしい。最近増えてきたCMのパターンで、最後に「続きはウェブで」といって検索キーワードなりURLが表示される物に対しての疑問だったようだ。

 そうは言っても、本当にデブ猫動画が見られるのだったら楽しかっただろうと思う。広いスペースに2,30匹のデブ猫(性格おっとり)がコロコロ寝ころんでいて、それらを何人かで手分けして一ヶ所に集めるというだけの動画など。
[PR]
by muzina-giku | 2007-01-10 23:20 | 聞き間違い

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧