左手インターフェイス
 その昔、利き手の右腕を犬に噛まれて一週間ほど使えなくなったことがあった。普段普通に使っていたものが使えないことの不便は、まさに筆舌に尽くし難し。授業中にノートも取れないし、水道の蛇口もひねれない。片手なのでタオルを絞ることも出来ないし、ファスナーも左右の合わせ目が逆なので着替えの時にものすごく苦労をした。
 よく左利きの人々から聞かされるのだが、世の中の製品はほとんどが右利きの人に使いやすいようにできていて、意外な物が使えずに困るということだ。そのことがその時に嫌というほど身にしみた。

 おかげで現在、特技として左手で字が書ける(つたない)、箸が使える(もたつく)のだが、そういうのは再び右手をケガしないと披露する時はないのだろうとも思う。

 そんなことを突然思い出したので、では当時存在していなくて現在毎日のように使用している道具を左手で使ってみようと思い立つ。平たく言えば、コンピューターのマウスを左手で操作してみたのだ。幸いなことに使用しているマウスの形状が左右対称なので持つ時に手にフィットしないということはない。

 最初に気付くのは、2ボタンマウスでは左ボタンと右ボタンの役割が、中指と人差し指で入れ替わっていて非常に混乱するということ。初日であるためか何度か意図せぬ方のボタンをクリックすることが多々あり。
 また使ってみて初めて気付くのだが、画面に表示されるマウス・ポインタは先端が向かって左向きに傾斜しているために、左手で使っているととてつもない違和感を覚える。マウス・ポインタを左右反転すれば非常にしっくりとくるのだろうが、これなどは多くの道具が右利き用に調整されている例の一つとなるのだろう。

 今まで右手でしていた作業を急に左手に切り替えたために非常にもどかしく感じるのだが、右手で最初にマウスを扱った時ももしかするとこれぐらいつたない動きであったのかも知れない。ボタン位置が逆になっているので混乱をきたしているのだが、2,3日すれば何とかなりそうなレベルである。
 あまり右手だけでマウス操作を繰り返していると、手根管症候群を発症するのかも知れないのでたまに左手に切り替えられるくらいには慣れておいた方が良いのかも知れない。
[PR]
by muzina-giku | 2007-11-29 23:07 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧