火熨斗(ひのし)
 最近は濡れないようにビニール袋に入れられて配達されるので、雨の日であろうと新聞は濡れないで届くようになった。
 しかし、何年か前まではひどい雨が続く時は、新聞紙が中央まで濡れ、読むために開こうとしても破れてしまう恐れがあったのですぐには読めないことが多かった。そのために急ぐ時にはアイロンを掛け、熱によってある程度乾燥させる必要があった。

 新聞にアイロンを掛けるという行為、その昔は名士の家で働く執事の毎日の仕事であったそうだ。
 かつての新聞は使用されているインクが質が悪く、乾燥までに時間がかかることが多々あった。そのために読もうとして手に取ると、乾ききらないインクで手を汚すこともしばしばであったそうだ。
 主人がインクで手を汚し不快な気分にならぬようにインクを乾燥させ、おそらくは紙を裁きやすくするために適度な折り目をつけるために、日常的に新聞にはアイロンを掛けられていたという歴史があったのだ。

 そういうわけなので、新聞へのアイロンがけを「貧乏臭い」と思わないようにしようと思う。
[PR]
by muzina-giku | 2007-07-14 23:43 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧