混ぜるな危険
 毎日のように新聞に挟まれている広告を片づけていたら、かなりひどい広告を見つけて嘲笑う。「アシタバの苗を販売します」という物で、アシタバの健康に及ぼす効能をいささか大袈裟に記載している代物だ。
 その広告中に薬草研究家と称する人間の推薦文があったのだが、「アシタバは朝鮮ニンジンと同じセリ科」と事実と異なることが書かれており、その文章を書いた人間をまことに勝手ながら「バカ研究者」と呼ぶことにした。

 通称、朝鮮人参は標準和名ではオタネニンジンと呼ばれる、ウコギ科の植物である。セリ科と近縁であるが、「科が同じ」というほどは近くないので混同してしまうのは不適切である。江戸時代に将軍・徳川吉宗が命じたことで日本で人工的に栽培する方法が確立、その後各藩に種を分け与えて栽培を推奨したことから「将軍様から拝領した種から栽培した人参→御種人参」と呼ばれるようになったとされる。

 アシタバの含まれるセリ科シシウド属(英名アンゼリカ属)の植物には、女性ホルモンの分泌に作用するセイヨウトウキなどが含まれ、それらの別名が「女性のための朝鮮人参」であることから、上記のような混同が起きたのかも知れない。ただし、生薬としての使用法は全く別物であるため、混ぜて説明するのはやっぱり拙い。

 ただ我が家においても、かつて魚料理に利用されるハーブのイノンド(ディル)をチョウセンニンジンだと信じて栽培していた年寄りがいるため、他人のことをそれほど笑えない。すぐに間違いには気付いたが、それでもフェンネルか、ディルかを見分けるのは難儀であった。
[PR]
by muzina-giku | 2007-05-21 23:19 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧