季語・山下達郎
 ヒット曲『クリスマス・イブ』の影響からか「山下達郎」は冬の季語なのだそうだ。
 現代の用語を季語にする新季語であるとはいえ、一応正式な物らしい。決めたのは、恋愛をテーマに多くの俳句を作る女流俳人・黛まどかである。

 自らの名前を季語にされた山下達郎、ほぼ嫌味であろうが「昔は『夏の山下達郎』といわれていた時代もあった」と発言。嫌味としたのは「夏の」という枕詞で語られるのが嫌で『クリスマス・イブ』を作ったという経緯から。
 それを聞いた黛「じゃあ、『山下達郎』は夏と冬の季語ということで」と、山下氏の名前は夏の季語にもなった。

 人名を季語にする非常識さもどうかと思うのだが、夏と冬という正反対の二つの季節を表現する言葉が「季語」として成立するのかも疑問。そもそも、この季語を使用して作られた俳句、観賞する前からどんな内容なのか分かりそうな底の浅さを推測できそうだ。
[PR]
by muzina-giku | 2006-12-08 23:31 | 気になる言葉

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧