喰うのはどうだろう?
 キャベツの酢漬け、オシャレ弁(日本語で言えばいいことをわざわざ横文字で表現するという一種の方言)でいうとピクルスが好きだ。
 おもに酒を飲む時に少々あると良いという程度なのだが、それでも作り置きしておくと良いのではないかと思ったのがおよそ一年前の話である。

 せっかくだからと「紫キャベツで作ったらどうか」と思い園芸品を扱っている店で種を探したところ、緑キャベツの種子はあるのだが紫は無い。
 ただ『レッド・キャベツ・スプラウト』という名称の、貝割れ状態にある若芽を食用にする紫キャベツの一品種を発見した。

 ものすごく大ざっぱに出来ているらしい性格のため「一応キャベツと謳っていることでもあるし、大きく育ったら紫キャベツに育つだろう」という見込みのもと、栽培を開始。
 といっても、適当に種を蒔き、それなりに大きく育ったところで適度なところへ植え替えただけ。多分、オレには緑の指は無い。

 かなり適当な育て方だったにも関わらず『レッド・キャベツ・スプラウト』は枯れもせず、害虫にも負けずスクスクと育ってくれた。
 しかしキャベツだというのに一向に葉は巻かず、まるでハボタンのように葉っぱを増やしてこんもりと育つだけ。

 そのまま夏が来て秋、冬を経過、春になり「やたらと丈夫だ」という感想を持つ今に至り、真ん中から茎が伸びて花が咲いた。
 見た目は紫の茎に、黄色い花を咲かせた菜の花だが、考えてみれば紫キャベツもアブラナ科の植物だ。

 どうでも良いことだが、スプラウト(モヤシのことらしい)用の種からはちゃんとした植物に育てるのは難しいということか。



:そのうち気が向いたら、咲いた花の画像を載せます。
[PR]
by muzina-giku | 2006-04-16 22:00 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧