「中二病」は国境を超えたらしい
 韓国の「中二病診断テスト」なるものが話題になっている。韓国でも「中二」と言うのだねと思っていたら、日本の言葉がそのまま伝わり韓国的な味付けが加わって定着したものだそうな。ちなみにあちらの学校制度も6・3・3・4制だそうで、日本で中学校の時期は中等だそうだから、中二病と呼ぶのも何ら問題はないようだ。

 日本での「中二病」という言葉自体は、タレントの伊集院光氏によるラジオ番組での発言が発祥とされているが、発生より時間を経るごとに追加された要素が増えたので、当時と今では微妙に意味が変化しているようである。

 それでも中学二年生あたりの年頃で、心身の成長に伴い自我が拡大して滑稽な行動に走る傾向を見せるという大筋は変化していないであろう。そして実際の成長具合よりも自身を大きく見せようと大人びた言動をとるのだが、しかし14歳でそれほどの精神レベルに達しているわけでもなく、それを補うために手近にある付け焼刃の言説で理論武装をする。その際に知恵を振り絞った分ぐらいの尊敬を勝ち取らぬと損だと思っているので、自分を「他人とは違う特別な存在」であると演出する。

 だいたいこんなところであるが、悲しいことにこの病気に罹患する少年少女は大量にいるため、本人たちが望むほどには周囲からは特別扱いされぬものである。だからこそ「病」と命名されてしまうことで広く受け入れられ、その際に身近な痛い奴の属性を付加しながら言葉が成長してしまったのだろうと推測される。
[PR]
by muzina-giku | 2011-08-27 00:01 | 気になる言葉

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧