いずれ灰へと変わるんだからさ
 病で余命宣告を受けた時、余命ブログのような物を立ち上げて盛大に嘆く人もいれば、まるで何事も無かったかのように黙して語らず消えていってしまう人もいる。どちらが良いということは無いのだけれど、こうした態度の違いは生きるスタンスの違いなのかも知れないなあ。

 死んでからも残る何かをどうにか作っておかねばならぬという気持ちで大きな活動を始めるのも分からんでもないけれど、そのことで騒ぎに便乗したい人たちを無闇に呼び寄せてしまう危険もあるからな。他人の生き死にを、マイルストーン的なイベントにしか感じていない人々というのは何処にでもおり、そういう人種はいざ来たるべき時に接すれば派手に嘆いてはくれるけれど、やがて別の似たようなイベントが起きればそっちに気持ちを移してしまうのであろう。表面的にはそれらしい感情を見せてくれるけれど、しかしそれが浅はかであるという疑念は拭い切れぬのである。

 最近、余命宣告を受けつつも、それらの情報を漏らさないで最期までいってしまった例をいくつか見て、こういう目に見えぬアクションを起こさぬのも一つのやり方であるとは思っている。そもそもこうやって大事なことを漏らさぬがために、ひとの不幸すらもイベント扱いする他人を相手にしなくて良いのだからな。

 とくに余命宣告などは受けてはいないけれど、地味に淡々と残したい物を然るべきところに残して、本体は霞のように消えてしまうという往き方には憧れる。どんなにあがいても生物である限り、結局いつかは死ぬ日は来るのだし、それを考えると残すべき価値のある物については早めに考えておかねばなるまい。
[PR]
by muzina-giku | 2010-10-05 00:26 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧