無駄に見えても
 今回のように資源不足の危険を前にして、何処ぞの大学で地道に行われていた研究に光が当たるなんてことが起きるのは我が国ぐらいなんじゃないだろうか。多くの国においては、すぐに儲かりそうな研究ばかりに力が入り、成果が出るまでに時間がかかりそうなのは後回しにされる傾向があるのだからな。

 近隣諸国で科学分野でのノーベル賞受賞者がほぼ存在しないのは、やつら実験データを取る際に都合の良い物ばかりを採用し、都合の悪いデータや失敗データを廃棄してしまうからだという。

 都合の悪いデータが出てくるとなれば仮説の段階で何か正しくないことを含んでいる証にもなり、そこで推論を練り直すというのが科学の本筋である。また数値のバラつきがデータに表れるのであれば、実験環境を見直す必要があるのかも知れない。そのように、一見駄目に見えるデータでもわざわざ示すことで、都合の悪い物を隠さなくて正直な実験データであるという印象を与え、また捏造の嫌疑を晴らす役割もある。
 たとえ実験中のミスにより、得られたデータがまるで無駄になってしまった場合でも、ミスの内容自体では別のアイデアの発端になることは起きる可能性があり、捨ててしまうのは勿体ない。

 そもそも一つの問題に対して、一つの証明しか存在しないわけではない。ある方法が駄目ならば、別のアプローチを考えてみるべきで、最初から求めるものが得られるわけでは無い。堂々巡りの末、全部駄目だとなれば、たぶんそれは虱潰しで潰された大きな一匹であるのだろう。その結論で得られるのは「この仮説は間違っている」なのだが、同じ分野の別の研究者に無駄足を踏ませないという役には立つのだ。
[PR]
by muzina-giku | 2010-09-30 00:23 | 理系

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧