身の丈に合わせた満足感
 あるテレビ番組での印象的なシーンに多用されるため、最近『キエフの大門』(ムソルグスキー作曲・組曲『展覧会の絵』より)を耳にする機会が増えた。しかし、疑問に思うのは、良く使われているバージョンは誰の物なのだろうということ。

 ムソルグスキーの残したバージョンはピアノ用に作曲された物で、それも技術上の問題から演奏が非常に難しいやつである。作曲者本人にはオーケストラ用に編集し直す意志はあったようだが結局果たせず、死後さまざまな音楽家によって多くのバージョンが残されることになった。

 最も演奏される機会が多いのはラヴェル版ということだが、それ以外にも多くの版があり、時にはクラシックの範疇を離れたエマーソン・レイク&パーマーのプログレ・ロック版なんてものもある。

 そういう複雑な経緯だからこそ、調べてやろうという気もするけれど、実はクラシックで何かを調べるというのは非常に手間がかかる。なんといっても歴史が積み上がってしまっている分、捜索範囲が非常に広い。そして調べたからといって、誰かが誉めてくれるわけでもなく、単なる自己満足で終わる可能性も高い。
 なんだか労多くして身になることは何も無さそうな予感があり、そのため「どうするか?」と悩むところである。誰かに「これ良く聴くけど、なんて曲?」と質問され、即答して感心されて自己顕示欲を満足させるべきなのかも知れない。
[PR]
by muzina-giku | 2010-01-29 00:53 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧