火の用心
 寒くなったので、しまってあった石油ストーブを台所に用意する。朝、おそらく点ける事になるので、今日の内に灯油の注入と、起動テストを済ませておく事にした。

 灯油は車庫のほうに置いてあるので、暗い中タンクに注入していると量がよく分からず、ちょっと困る。タンクの残量が見える窓を明るい方向へと向け、それでなんとか見える状態に。
 懐中電灯を持ってくれば良いのだろうけれど、入れながら放置するのもなんだか危なっかしいし、起動テストと朝の短い時間分ぐらいの量でも構わないのだから、タンク半ばくらいまで入ったところで注入を止める事にする。


 昔、火事をおこしてしまった人の話を聞いた事がある。オートバイにガソリンを入れる最中の失火で、暗がりでタンクの中のガソリン量を確認しようとして、注入口の至近距離でライターに火を点けた事だと言う。ガソリンは非常に揮発しやすく、取り扱っている場所の周囲には可燃性のガスが漂っている危険性があり、近くでの火の取り扱いは厳禁である。この場合はまさにこの禁止事項を行なってしまったのだった。

 そしてタンクごと燃えるオートバイ。逃げる際にガソリンの入ったポリタンクを蹴り飛ばし、そこから溢れたガソリンへとさらに引火し、作業をしていた物置が全焼した。このポリタンクにしたって、本来は専用の運搬缶でなければいけないが、当時は某・消費者金融放火殺人以前でそれほどうるさくは言われなかった頃である。しかし、証言者いわく「火って走るんだね」ということなので、この点も留意しておくべき事だろう。

 結局、被害は物置だけで、母屋への延焼や大きな怪我がなくて幸いという事だった。しかし、逃げ出す時に蹴ったポリタンクが、もしも別の方向に倒れたら火に巻かれていたんじゃないかという話である。もっとも、ポリタンクを蹴らなければもっと被害は小さかったのかも知れないが、慌てている時に冷静に行動出来るとは限らないので、この点を批難するのは止めである。

 ともあれ、暗がりでの注油作業には細心の注意が必要という結論で締めておきたい。
[PR]
by muzina-giku | 2009-11-18 23:10 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧