需要と供給がズレている
 時々、余技として披露したことが思いもよらぬ高評価を受けてしまうことがある。余技だから、ほとんど5分もかからぬ作業時間で、やっつけでこなしてしまうような事なのだけれども。
 あまりに手軽に行なった事に良い評価を受けるのは、かえって気恥ずかしい事だし、また「時間かかってない = 手抜き」のような気もして、何となく居心地が悪い。でも、そんな手抜きでも何かを感じてもらえるのは、ちょっと嬉しい。

 一方で、かなり真面目に時間をかけているような事どもが、まるで評価を与えられていない状況もあるわけで、そういうのは徒労感というか無力感というか。「もう、すごい頑張ってんだんぜ、分かんないかなあ」とは思うものの、そういうのが伝わらないのは仕方がないのだろうか。

 でも、そういう「頑張ってる」状況の、そこいら中に力を入れまくった感じが逆にマイナスのポイントとなっているのかも知れない。いわゆる「重い」という評価になってしまっているのか。

 よく「優雅に泳ぐハクチョウも、水中では必死にバタ足」という表現があるけれど、目指さなくてはならない方向はそこなのじゃないか。最初は必死にやっている事が、何度も繰り返す事で身体へと染みつき、最終的には無意識に繰り出す事が出来るようになるという領域である。
 結構高度な事でもヒョイっと皆の前に放り出すような気軽さで事を為すのだけれど、そこまでの努力はあまりアピールしない態度が望ましいのだろう。
[PR]
by muzina-giku | 2009-09-11 23:22 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧