刺されたくない場所
 自動車に乗り込んだところ、どこから入り込んだのか一匹の蚊が車内を飛んでいた。すぐにでも追い出したかったのだが、気付いた時には既に車のエンジンはかかり走り出していた。
 窓をから出て行くかと思い開けてみたのだが、走行中の車で、そこから入り込んでくる風の勢いに蚊は押され、かえって内側へと入り込んでくる。それが見える範囲を右往左往するものだから、気になって仕方ない。運転に集中出来ないのも危険なことなのだが、気になるからと手でバンバン追い払うのはもっと危険なので、ともかく停車するまでは我慢しようと、前方に意識を向けたのだった。

 しばらく車を運転するうち、左手の親指関節にとてつもない違和感を覚える。見はしないが、原因はおそらく問題となっている蚊であろう。
 皮膚の薄い所を探り、血を吸うために刺しているのが分かったが、その事実に気付いた時点でとんでもなく痒みを感じる。蚊が刺すことで、蚊の体内にある物質が人体へと送り込まれ、それに対して身体のアレルギー反応が生じることで痒みを感じるメカニズムなので痒くなるには少しタイミングが早すぎだが、「刺された」と感じたことによる精神から肉体へのフィードバック作用により痒みが生じ、そして増大されているのだと考えられる。

 ともあれ、蚊に刺されている現場に出くわした時の対処法はただ1つ。血を吸った蚊を逃がさぬように止めを刺すことである。その原則に従い、頃合いを見てハンドルを握る左手を目指し、運転に支障の出ないほど素早く右手で叩くのであった。
 その後、信号待ちで停車した際に蚊の留まっていた左手親指を確認した所、尋常じゃない量の赤い液体がそこに付着しているのに気付き、また蚊に止めを刺した右手を見た所やはりそこも真っ赤であった。ほんの少しの時間であっても相当の量の血を吸い上げていたということで、その意味では子孫を残そうという本能は強力なのだと思い知らされる。

 しかしどのように生物種繁栄の素晴らしさを語った所で、刺された所は事実として痒いのだし、その上そこが関節であるということで、その痒みが骨にも浸透するようなしつこさで悩ましくて非常に困った事件であった。
[PR]
by muzina-giku | 2009-07-30 23:43 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧