危険の無い方法で
 今日から世の子供らは夏休みに入ったわけなんだけれど、やっぱあれか、皆既日蝕観察は今年の夏休みの宿題としてはメインイベントに入るんだろうか。本州では部分日蝕になるのだが、それでも半分以上は欠けるので観察するのも無駄ではなかろう。

 しかし、いくら欠けて光量が減ると言っても、元々のエネルギー量が大きいし、また不可視の光線もいくらか残っているので、直接太陽を見るのは危険として注意を喚起している。多くは専用の観察フィルムを使用しろと言うのだが、しかし何年かに一度の日蝕のためにあれを購入するのもねえ。

 やはり金のかからぬ観察方を考えるのがここは得策かと。太陽を見る方法ではなく、影を観察する方法でいろいろと工夫を凝らしてみたい。

 本当に何も要らない方法であれば、木漏れ日が地面に影を落としている様子を観察すると良いそうな。そこでは影が三日月型に偏っているというのだが、しかし元々が不定形な物だから、偏りが分かりづらいかも知れない。
 欠けが分かりやすい影となると、真円で出来るだけ小さい穴の開いた物品を使用した方が良いと言う。使用されたテレホンカードの小さな穴を使えという話もあるのだが、テレホンカード自体が過去の遺物のような気がするのが難点か。一ヶ所にたくさんの穴が開いている物のほうが影の見栄えが増すので、ファイル綴じ穴を開けるためのパンチで紙に大量の穴を開けるのも良さそうである。ちなみに意外にお勧めとされているのは、穴開きのお玉だそうな。

 さらに根性が入った人間であればピンホール式の観察箱を作る方法もある。きちんと遮光をする必要があるのでお手軽というほどでもないのだが、それでもこの方式は日蝕観察以外にも印画紙入れてカメラの仕組みを学ぶのにも使えるので、ためす価値はありそうだ。

 詳しいことは国立天文台の日蝕観察方法を紹介したページに紹介されているので、それを見た方が手っ取り早い。間違った方法で観察すると、目を痛める危険があるので、この手の情報にはきちんと目を通しておくこと。
[PR]
by muzina-giku | 2009-07-19 00:35 | 雑記

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧