サルビア
 車を運転している時にすぐ前を走る軽トラックの荷台に注意が向く。そこには荷台の面積いっぱいにサルビアの苗が積まれていたのだった。色は赤と薄橙(昔風に言うと肌色)で、その2種類がほぼ半々、まるで花壇か何かのように見えた。
 おそらくは苗屋さんが出荷するためのサルビアを運んでいる途中に遭遇したのだろうが、一般人ではその分量の苗を一度に見ることはほとんどないので少し驚いた。しかし園芸店の植物もこうやって誰かが運搬しているから、店頭で購入出来るのだけれど。

 関係はないけれど、軽トラックではなくルノー・カングーで後方の観音扉を開くと中に丈の長い切り花が何百本と束ねられて、みっしりと積んである光景も感動する。街のオシャレな花屋では、配達に使う車がカングーだというイメージが何となくあるけれど、ラゲッジスペースを考えると不思議でも何でもない。

 ともあれサルビアに話を戻そう。
 個人的にはサルビアというと、小学校2年生の時の写生大会で花壇の花を描かされたことを思い出す。その花壇には2種類の花しか植わっておらず、その一方がサルビアだったのだ。
 現在のように何種類ものサルビアの苗が売られている時代ではなく、その全てが赤い花であった。そのうちの一本の前に陣取って自分はその花の絵を描いたのだった。描いている間、もう一種類の植物・橙色のフレンチマリゴールドが、特有の臭気を漂わせていたことを思い出す。

 今となってはサルビアを特に好きというわけではないのだが、記憶の欠片が何かの機会に引き出されると際限なく周辺のことまで思い出されてゆく。この分では、マドレーヌを紅茶に浸したらどうなってしまうんだろうな。
[PR]
by muzina-giku | 2009-05-28 00:04 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧