「ほっ」と。キャンペーン
鼻行類もいいけど、ハネジネズミもね
NAVERまとめにて鼻行類についてのまとめが話題になっていた。ネタとしては知っている人には目新しくもないものだけれど、模型や図版の画像がつくと新鮮になるものなのかと思わぬでもない。

  しかし、こういう架空の動物の話題も悪くはないが、現実の動物で鼻行類に似た生き物もあるので、そちらを展開しておこうと思う。

  そういうことでハネジネズミについて。名称にネズミとついているがこれらはネズミにあらず、アフリカ獣上目に分類される独立した種である。以前はネズミの近縁、モグラ、原猿などと分類があちこちしていたが、最近の遺伝子解析によりどうやら象に近い種であるとのこと。

  英語ではelephant shrew(象鼻のトガリネズミ)、生息するアフリカにおいてはセンギ(sengi)と呼ばれている。

  文字で説明するよりも画像のほうが分かりやすそうなので、YouTube動画を二つ貼っておく。前者はスライドショーで、後者は動物園で飼育されているBlack and rufous elephant shrewという品種の動く画像。

   

   

 特に後者は鼻を動かして歩き回る姿が鼻行類を彷彿とさせるように思われるのだが、どうだろう。

[PR]
# by muzina-giku | 2013-12-01 11:15 | 理系
おとなめがね
 かなり前から使用しているメガネのフレームのブランドが気になって調べてみることに。ブランドというか、購入した店の独自モデルなのだと思うけれど、その店自体が今はなくなってしまっているので、物自体の実態(生産国やら材質やら)を知るにはネットの力を借りるほかは無いけれど。

 結論として、眼鏡自体のことはちっとも分からなかったが、眼鏡のツルに記された「3D Evolution」というモデル名と同じアダルトビデオのシリーズ名があることが判明する。3Dテレビに対応した立体的に見える成人向け作品である。

 あのテの作品で立体的に見えるとなると、どうしても胸部を強調した作品になりがちなのだが、自分は特におっぱい星人ではないのでどうしたものかと。むしろ出っ張りとはベクトルが逆方向のくびれのほうが好きなんだがなあ。
[PR]
# by muzina-giku | 2013-07-30 23:34 | 雑記
二ヶ月ぶり
 気づいたらブログ更新が二ヶ月も途絶えていたのだが、生命の危機にあったとか逮捕されたとか、そういうのではない。

 ただ、えらく腱鞘炎が激しくて、肩まで痺れるほどだったのでおかしいなあと思っているうちに、なぜか液晶ディスプレイが故障したのである。どうも壊れていく過程で分からない程度に画像が劣化してゆき、それに伴い眼精疲労が蓄積、肩こりを引き起こし腱鞘炎ということになった模様。

 そういえば壊れた液晶ディスプレイを購入する時に、スペック的には割と妥協したよなあと思いだしたりもする。で、その時に「ディスプレイは消耗品」というようなことを思ったりしたのだが、本当に消耗したので困ったものだと。

 買った時期がよろしくない製品なので直さず次を買うことに決定したのだが、妥協に後悔があったため今回は非常に選択に時間をかけてみた。二年も経っているのでIPS液晶が二万円を切る時代となっていた、良いことである。

 そして購入までの繋ぎに十年以上前の古い液晶モニターを繋いでいたのだが、画面サイズが昨今のフルハイビジョンのおよそ四分の一なので、悲惨なことになっていた。昨今のソフトは大画面向けに設計されていることがほとんどなので、文字を描くためのソフトで文字表示ガタガタというシャレにならないことになっていた。16文字で改行、15行で画面下端だものねえ、一画面に表示できる文字数としては少なすぎるだろうと。

 そういう具合なのでブログを休止していたのだが、何が恐ろしいといって休止していたにもかかわらずブログ訪問者数が変化しないどころか、むしろ微増していることかもしれない。
[PR]
# by muzina-giku | 2013-07-20 23:16 | 日記でしかない
母ちゃんは許しません
 いわゆる振り込め詐欺、電話連絡にて知人であることを誤認させ何らかの理由で被害者に金銭を提供させる詐欺の事を、公募の末に「母さん助けて詐欺」と名称変更したという話題を目にし、なんだか「冴えない」と思ってしまった。

 こういう新しい名称を付けるときというのは、とてもセンスの必要なことなのに、なんか結果としてボンヤリとした名称になってしまった感じが否めない。というか、往年の空耳「母ちゃん許して」を連想してしまった人間は自分だけではないだろう。



 そもそも、この新語が三ヶ月以上生き延びられるとは思えないのだ。そういう意味では非常な有害な公募であったといえよう。誰も使わぬ言葉は最初から死んでいる言葉である。

 また新しい言葉関係として、怒りの強いレベルを示す「激おこプンプン丸」という言葉があるというが、これなども来年の今頃までは生き延びられるとは思えない。それが15年後ぐらい未来に「かつての流行語」としてメディアに取り上げられたりして、それを見る度に「うわあ」と感想を漏らしてしまうのだろうな。
[PR]
# by muzina-giku | 2013-05-13 22:50 | 時事
今年は今のところ借金なし
 今年のプロ野球は応援しているチームが今のところそれなりの成績なので楽しい。ゴールデンウィーク終了時で勝率がほぼ五割で、借金があるかないかというところだからな。去年と比べてはいけないけれど、ちなみに横浜DeNAベイスターズな。

 親会社が変わったのが意外と大きな変化だったらしく、今年は楽しい野球だなあという印象。昨年なんかは「親会社が野球に口を出し始める前に組織をまとめちゃえ」と言っていたのだが、どうも親会社は勝ち負けよりも球場に客を呼び寄せるほうに力を入れる方針となったようなので、上手く住み分けが出来ているらしい。

 おかげで横浜スタジアムの変なチケットの方が話題になるという状態である。まあ100万円チケットなんてネタ的にも美味しいと思うのだが、そこまで高額じゃなくとも変な特典付きのチケットが今後もバンバン出てくるんだろうとの印象を受ける。個人的には友利コーチにインタビュー出来る権利なんてのが見てみたい。
[PR]
# by muzina-giku | 2013-05-11 00:03 | 日記でしかない
ミミズ文
 本調子でない時にひねる文が生きたミミズのように見えてくる件。

 それがミミズであることは分かるのだが、良いミミズなんだか悪いミミズなんだかが一向にわからない。さらにそれが長文になってくると、ゴム風船にミミズを大量に詰め込んだように見えてきて、大量ミミズに気持ち悪くなってくる。

 大量ミミズの相手も嫌だが、一匹ずつミミズを見るのもなんだか嫌な感じになってしまい、少しの間ミミズから離れてみたんだが、今度はミミズに舞い戻るのが億劫だ。

 そんな感じのゴールデンウィークだったんだが、久々のミミズは良い形にまとまっているか否か。それでも離れていることで少しだけ頭はスッキリとするものだけれど。
[PR]
# by muzina-giku | 2013-05-07 23:12 | 日記でしかない

斬るものなんでもヤワラカ仕上げ
by muzina-giku
最新の記事
鼻行類もいいけど、ハネジネズ..
at 2013-12-01 11:15
おとなめがね
at 2013-07-30 23:34
二ヶ月ぶり
at 2013-07-20 23:16
母ちゃんは許しません
at 2013-05-13 22:50
今年は今のところ借金なし
at 2013-05-11 00:03
ミミズ文
at 2013-05-07 23:12
知恵熱
at 2013-04-30 22:54
チヤホヤされたい
at 2013-04-25 23:38
圧力鍋に釘
at 2013-04-23 23:09
魔法のバットをぷいーんと振ったら
at 2013-04-21 00:09
最新のトラックバック
頭の体操的な何か
from 安敦誌
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
落合監督の「完全試合より..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
ホームズ彗星 観測のお話。
from 熱いニュースのリンク集!
こんな動物番組が許される..
from 水辺のひととき
タグ
ブログパーツ
ファン
検索
記事ランキング
あらかじめ、お断り
*注意*
スパム対策として、
httpを含むコメントが拒否される設定となっています。

トラックバックスパムが多いため、
当ブログへのリンクを含まないエントリーによるトラックバックを禁止しています。




コメント、TB、リンク等はご自由にどうぞ。当ブログ管理者が喜びます。

ただし荒らし、スパム、宣伝目的、などと当方が判断したコメント等に関しては、容赦なく削除される場合があります。あらかじめご了承下さい。



*出張所*
ちまたび屋



カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧